子牛のシーズン

久しぶりに、農家ネタを。。。ちょっと前の話になりますが、前日から「大雪になる!!」と大騒ぎになっていた日がありました。実際はそんなに雪は降らなかったものの、どうなるかわからないのでKの学校はもちろん休みという日がありました。

その前夜。。。牛の餌やり&チェックから帰ってきた旦那が

「今晩、子牛が生まれるかもしれない。。。」

と!!なんですと〜〜!!!

というのは、うちの牛たちは雌牛だけで夏に種付け牛を借りてきています。なので出産予定日は割とはっきりしていて、一番早い出産予定日の子で4月の半ばの予定だったのですよ。ただ、その数日前に友人から買った妊娠した牛がいました。その子の出産予定日は5月頭だと聞いていたのですが、その子が出産するのではないか。。。と。。。うーーーーん早産でしょうか。。。。去年子牛を一頭死産させてしまった経験があるので、そうはならないように夜も数時間おきに旦那がチェックしに行くことになりました。私とKは寝るしかない。。。

すると、朝起きると外から旦那が帰ってきた!産まれたと!!難産で、旦那がロープをかけて引っ張り出したらしい。去年獣医さんがやってくれるのを見ていたので、なんとかなったらしい。ただ、外は雪&寒い。で、子牛は立ち上がることができずに、お母さんのおっぱいまでたどり着けなかったらしい。。。なので、暖房のある旦那のショップ(車などを修理する建物)に入れたらしい。しかも哺乳瓶でも飲むことができず、チューブで初乳(の代わりになるもの)を流し込んだと。早産だから、まだ未熟なのかも。でも、自分でおっぱいが飲めないとなると、生きていける可能性はとても低い。。。うーーーん、困った。

この日は都合のいいことにKが休み。みんなで子牛の世話をすることになりました。

ヨロヨロ

まだヨロヨロですー。


哺乳瓶でもダメ

みんなで試行錯誤しながら子牛にミルクをあげようとしています。でも、飲まない!!何が嫌なのか。。。哺乳瓶の乳首の口を大きくしたり、お腹が空く(であろう時間)まで待ってみたりしましたが、飲まず。。。途中で獣医さんがやってきてくれて、いろいろチェック&注射を。獣医さんによれば、ちょっとは予定日より早く産まれているだろうけど、一ヶ月以上もの早産ではないらしい(つまり、出産予定日のよみ間違い)。子牛自体は健康で、どうしてお母さんのおっぱいを飲まないのかわからないと。で、お母さん牛を追い込んで子牛にミルクを飲む練習をさせようという話になったらしいのだけれど、お母さん牛を追い込めない!そりゃーそうなんです。数日前に新しい場所にやってきて、環境も初めてなら会う牛も(笑)初めての牛ばかり。しかも、子供を産んだと思ったら(初産だったのです)、どこかに連れていかれちゃって子供がいなくなっちゃう。もう、この場所も人間も信用できない!!って感じだったのですよ。。。

子牛 ぐったり

そうこうしている間に、子牛はみるみる元気がなくなり。。。哺乳瓶でも飲まなかったのでこの日も最終的にはチューブでミルクを流し込みました。立ってもまだヨロヨロしているし、不安。。。

次の日の朝。前日に無理やりチューブでミルクを流し込んだのが良かったのか、かなり元気になっていたチビ子(そう名付けました)。もう一度哺乳瓶にトライです!
哺乳瓶で飲めた!

飲んだー!!!良かった!まずは第一歩。

次は、お昼頃=暖かくなってきた頃にお母さんと一緒にさせる計画。初産の牛は子供を持つのが初めてなので、子牛が産まれてもびっくりしちゃって知らんふりをしちゃう牛もいるらしいのです(牛の母親学級とかしたいわ。。。。)。でも、このお母さんは違いました。私たちの事をとても警戒していたのに、子牛を連れて行ったら走って子牛の元にやってきました!!逆にチビ子の方が「誰これ?」状態(笑)。でも、二人一緒の場所に入れてあげたら、お母さんが一生懸命チビ子の体を舐めてあげていました。
お母さん牛と子牛

良かったー!あとはオッパイを覚えるだけです。

最終段階。お母さんをヘッドゲートに入れて(動けないようにして)、チビ子におっぱいの飲み方を教えます。お母さんからおっぱいさえ飲めれば、外の寒さには耐えられるだけの子牛だと獣医さんにも言われていたので、これが最終ポイント。

やったー!!

思っていたよりもすぐに飲めるようになりました!!かなり感動です!!!良かったなぁ〜〜〜〜〜。

実は私は、チビ子はいつ死んでもおかしくないと思っていました。普通子牛が生まれるとお母さん牛が子牛を守るので、なかなか人間は子牛に近づけません。でもそんな子牛を可愛がることができたKは、チビ子の事をとても好きになってしまったようでした。なので、死んじゃったら辛いなーと思っていたのです。なので、余計にホッとしました。

今はもう毎日、元気に走り回っています。

これから我が家では出産シーズンの到来です。旦那が出張行くとか言ってるんですけど、私だけの時に産まれないで欲しいなぁ〜。産まれるとしても、安産でお願いしたい!!


安産だといいねー!!
のクリックしていってくださいな


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ


Comments 2

ROMI  

こんばんは。
とっても感動的! 
生き物と一緒に暮らすのは素晴らしいことですね。
頑張ってくださいね。

2017/04/12 (Wed) 06:44 | EDIT | REPLY |   
えま  

>ROMIさん

ありがとうございます!いろいろありますが、生き物と暮らすのはいろいろ感じたり考える事が出来て、いいなぁと思っています。

全然関係ないですが、この夏にNYCに娘と遊びに行くことになり、ABTのMet Seasonのチケットを取りました。Maiさんも復帰されるそうで、私たちが観る日にキャストされてたらいいなーなんて、妄想しております。

2017/04/15 (Sat) 00:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
アメリカでの専業主婦生活、意外と楽しんでいる自分にビックリ。 2008年1月生まれの長女Kと私の日常。時々旦那
About me
アメリカ中西部に住む専業主婦。昔はなりたくないと思っていた専業主婦も、なってみると私に向いている事が発覚!いろんなものを作るのが楽しくて仕方がありません。

2014年に小さな農家を購入し、肉牛を育てています。

旦那、私(えま)、2008年生まれの娘(K)の三人暮らし