年明けから悲しい出来事

年も明けてしばらく経ってしまいましたが、お久しぶりです。年末バタバタしていて、年が明けたらゆっくりブログを更新するつもりでいたのに、こんなに時間が経ってしまいました。。。年明け早々悲しい出来事があり、なんとなくブログを更新する気分になれなかったのです。

実は元旦に、うちの猫の一匹くーちゃんが亡くなりました。

Kのお友達の家に泊まりに行って、大晦日の前日に帰ってきた私とK。その前夜くらいからくーちゃんを見かけないと旦那が話していました。でも、猫はそんなことがたまにあるというし、心配しながらもおせち料理を作っていたのでした。うちの周辺では動物が死んでいたら、ハゲタカなどの「死体を食べる鳥」が上空を旋回するのでわかりやすいのです。その時旋回してる鳥はいなかったので、近くで死んでいるようなことはないと思っていたのでした。

で、元旦。なんとなく「もしかしたら」と思い、鶏などの餌をあげた後、私一人で敷地前の公道を見に行きました。すると。。。ゲートからちょっと離れた道路脇にくーちゃんの遺体を発見したのでした。。。

頭が少し変形して耳や口から少し血が出ていたようだったので、車にひかれたんだと思います。この数日間は前が見えないほどの大雨が続いていたので、いつもはうまくかわしていたくーちゃんも、車の音がきこえなかったり車が見えなかったりしたのかもしれません。真相は闇の中ですが。。。ずっと降っていた大雨のおかげで血の匂いなんかがしなくて、ハゲタカなどに襲われるのも免れたようで、綺麗な体のままでした。

家族3人で穴を掘り、遺体を埋めてあげました。最後に体を撫でてあげました。私はいっぱい泣いたし、Kも泣いていました。

で、次の日、墓石のようなものを作ってあげようと話し合い、3人で作ることに。

爪とぎの木だった


Kのアイディアで、いつもくーちゃんがデッキで爪を研いでいた木に名前を彫ってあげる事にしました。最終的には、親の方が熱心に彫っていたんですけどね。

綺麗にできた!


こんな風に出来上がりました!生まれた年は定かじゃないのです。多分2008年くらいだということでした。

もういないんだなぁ


特に何も考えずここで乾かし始めたのですが、ここはくーちゃんがいつもいた場所。私たちがガラスのこちら側でご飯を食べているとここで寝ていたり、自分がお腹が減ったらここで私の視界に入ろうと(「覚えてるよね??」みたいな )していた場所です。この場所に置いてあると「もういないんだなーーー」と実感するようでした。

安らかにね


以前の住人が飼っていた犬のお墓の隣に埋めてあげました。Kは毎日ここを通る時に(もう一匹の猫に餌をあげに行く時に通ります)水をかけてあげています。「喉が乾くだろうから」ですって。

この後、くーちゃんの写真をプリントアウトして小さいアルバムにしました。私は自分のiPhoneにある写真をいつでも見られるけれど、Kがくーちゃんとの写真を見たい時にすぐに見られるようにと思って。Kもこのアイディアが気にいったようでした。一枚の写真を額に入れて、くーちゃんの餌用皿と一緒に自分の部屋に飾っていました。

涙が出ることは減ったけど、毎日毎日「くーちゃんに会いたいなぁ」と思っています。きっとこの悲しみは無くならないんですよね。この悲しみがある事に慣れていくだけで。。。ちょっとずつ前に進んでいけたらいいなぁと思っています。

この先は、くーちゃんの思い出写真の数々です〜。



雪を見る

雪が降り始めているのを、見ています。

雪でも寝れる

雪の中でも寝られます(笑)。太陽の光が当たっていれば、とても暖かかったみたいです。

学校への見送り

朝は大体、私と一緒にKと旦那を見送っていました。

一緒に散歩


好奇心旺盛で、私たちが何か新しいことをしていると、どこからともなく現れました。旦那が農作業をしていても、私が庭仕事をしていても。この時は、私とKが敷地内を散歩しているのについてきました。

ぐるぐるぐる

暖かくなった砂利の上でぐるぐると。このあと「撫でてちょうだい」とすり寄ってくるのが定番でした。

苗チェック

私が育てていた苗もチェック。しかも、水を受けるトレーが少しあいているところにすっぽりと収まってます。くーちゃんの定位置に置いたので、邪魔だったんでしょうね〜。

くーちゃんの場所

くーちゃんの定位置。

あまりにも無防備

あまりにも無防備な寝相。。。

一緒にブランコ

一緒に遊ぶ

Kが何かをしていると、必ず寄ってきていました。二人で遊んでいるようで、それを見るのが好きでした。

子供が集まっていると必ず寄っていったくーちゃん。誰がどんな触り方をしても、不意に抱き上げても、誰かに爪を立てるということは決してありませんでした。猫嫌いの旦那を、「そうでもないかも」くらいにさせたくーちゃん。少しの間だったけど、一緒に暮らせてよかったと思います。

眠りが安らかでありますように。
Rest in peace. I miss you sooooooo much!


Rest in peace
のクリックしていってくださいな


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

Comments 0

Leave a reply

About this site
アメリカでの専業主婦生活、意外と楽しんでいる自分にビックリ。 2008年1月生まれの長女Kと私の日常。時々旦那
About me
アメリカ中西部に住む専業主婦。昔はなりたくないと思っていた専業主婦も、なってみると私に向いている事が発覚!いろんなものを作るのが楽しくて仕方がありません。

2014年に小さな農家を購入し、肉牛を育てています。

旦那、私(えま)、2008年生まれの娘(K)の三人暮らし