嬉しくて泣く

今年は去年や一昨年よりも少し暖かく、秋っぽい日が続いています。まーー、先週末には初雪が降ったんですけどね。。。

アメリカの街の中は、ハロウィーン、サンクスギビング、クリスマス。。。と年末へ向けてホリデーシーズンまっしぐらです。ホリデーシーズンといえば、バレエを習っている子供がいる家では「くるみ割り人形/The Nutcracker」です。Kのバレエスクールも公演があります。(前にも書いたけど)しかも今年は学校創立50周年という事で、New York City Ballet(NYCB/ニューヨークシティーバレエ)のプリンシパルとソリストがやってきます!Kも実際見るのをとても楽しみにしています。

9月から新学年が始まり、今年はCherubs(小さい天使)をみんなでやるんだとKは先生からクラスで言われていたそうです。Kは「綺麗なティアラをつけて、羽もつけるんだって!」とその気になっておりました。でもねーーーー、去年も書いたように、今年まではできるんですよ、KのやりたかったPolichinelle(ポリシネル・こちらの記事参照)が!!私はその話を聞きながら、密かに「なんとかKがPolichinelleができるといいなぁ〜」と思っていたのでした。

もう少し上の年齢になるまでは、キャスト発表には親も呼ばれます。注意する点、リハーサルの時間なんかをきっちり親が把握しておかなくてはならないですからね〜。前回のクラスの開始時に、「お母さんたちも入ってきてください」と呼ばれました。で、一人一人に配役が書かれた紙が配られます。Kが受け取ったのが〜〜〜

配役決定 Polichinelleだ!!
嬉しくて写真撮っちゃったもんね


うわ!!Polichinelleって書いてあるじゃん!!!!(ミススペルだけども…)

最初Kは気がつかず、リハーサルの日程ばかりに目がいっていたらしいです。私はKの後ろに座っていたんだけれど、「え、Polichinelleじゃん!?」ってKに言いました。そうすると、Kはすっごーーーーく嬉しかったらしく、笑顔で真っ赤な顔をして突っ伏してしまいました!。。。そう、嬉しさのあまり泣きそうになっちゃったんですよ〜〜。いや、涙が数滴出ておりました。でもそこは気が強いK。「泣き顔なんて、みんなに見せられない」という心意気で(笑)、こらえておりました。

Polichinelleの役は半ば諦めていたんだと思います。先生はCherubsだと言っているし、去年自分は選ばれなかったし。。。期待を持って裏切られるのが嫌だったのかもしれません。だから、思いがけない配役でとっても嬉しかったみたいです!!

私もその姿を見て、ほんっとーーーに良かったなぁ〜〜と思いました。嬉しくて泣いてしまうくらいやりたかったのか。。。と。私が「嬉しくて泣く」なんて事を知ったのは、それこそ10代も後半。。。いや20代だったんじゃないかと思います。それを、7歳で経験するなんて。それだけ自分が「本当にやりたい!」と思う事があるって事ですよね。とってもうらやましいし、すごいなーーーと思います。

Polichinelleは小さい子供の役の中では唯一(パーティーガール以外)「踊る」役なので、リハーサルも沢山あります。髪の毛も、縦巻きカールをしなくちゃいけません(これは、お母さんの仕事です。。。)。でも、それをがんばって乗り越えて、最後には楽しい公演にしてもらえたらなーって思います。この役さえやれたら、もう後はどうでもいいよね(笑)。

私もこれから、こんな思いを毎年していかなくちゃいけないんだなーと思いました。でもまぁ、本人次第だし「子供本人の夢と、自分の夢を混同しないように」といつも思っています。まぁ、一緒に一生懸命になっているとついつい混同しちゃうんですけどね。

今年の公演では、絶対泣いちゃう気がします。もう、Kが踊ってる姿を想像しただけで涙が出そうですもん。。。


本番へ向けてがんばろう〜!
のクリックしていってくださいな


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ


Comments 0

Leave a reply

About this site
アメリカでの専業主婦生活、意外と楽しんでいる自分にビックリ。 2008年1月生まれの長女Kと私の日常。時々旦那
About me
アメリカ中西部に住む専業主婦。昔はなりたくないと思っていた専業主婦も、なってみると私に向いている事が発覚!いろんなものを作るのが楽しくて仕方がありません。

2014年に小さな農家を購入し、肉牛を育てています。

旦那、私(えま)、2008年生まれの娘(K)の三人暮らし