農家的結婚式inアメリカ

先月のことになりますが、農家の友達のお嬢さんの結婚式に出席させてもらいました。6月といえば”ジューンブライド/June bride”。日本では梅雨時でジメジメしているけど、うちの周りでは暑くなり始めという感じで、さっぱりしたお天気の日が多いのです。「June brideというのは、アメリカの物だなぁ〜」とよく思います。

。。。が、今年は我が家の周り、とっても雨が多くて。。。毎年4月は日本のように「1日雨」みたいな日も多いけど、5月にはどんどんそんな日が減っていって、6月は降っても夕立的なことが多いんですよね。でも今年は、6月になっても「1日雨」の日がとても多く、残念ながらこの日も雨でした。。。夕方の披露宴の前にはちょっとやんできたのが救いでしたけどね。

まずは、教会での挙式。私たち、アメリカ人の正式な結婚式に出席するのは初めてで、いろいろネットで勉強していきました(笑)。どこかで読んだり映画で見たことがある通り、式の出席者が教会の中に入るのも「入場」って感じで音楽が鳴る中入口から入ります。そして女性が席に座る時には、エスコートの男性がつきます。そのUsher(アッシャー)が新婦のお兄さんだったりで、とても安心しました :D

農家の娘と、森林学(っていうのかな?)を学んでいた新郎との結婚式なので、飾り付けもとてもカントリースタイル。そして、みんなの手作りです。

教会の中


式の最中は撮影できなかったので、帰り際に窓際の飾りだけ写真を撮りました〜。全てこんな感じで、バーラップ、レース、グリーンと茶色のリボンでデコレーションされてました。なんと、バージンロードはバーラップで縁にレースがついた物だったんですよ!!とっても可愛かった〜〜。

夕方からの式で、披露宴は夕食という感じ。披露宴の場所は、教会から少し行った公園のパビリオン(写真のような場所)でした。

披露宴会場・パビリオン


式が終わって披露宴会場に着いたら、すでにセッティングされておりました〜。

パビリオンのセッティング


とってもイイ雰囲気!!!

長くなるので、この後は「Read More」からどうぞー!



披露宴は「何時から」というのではなく、「式が終わって、新郎新婦と付添人たち(Brides Maids とGrooms Men)が写真を撮ってからということでした(この辺の適当さがアメリカ的よね!)。その間、外で遊ぶための遊具が用意されていたり、池にアヒルがいるのでそのアヒルのための餌が用意されていたりしました。なんだか、のんびり感が良かったです。

アヒルに餌やり


せっかくなので、アヒルに餌をあげに〜。子供達がたくさん餌をあげているので、アヒルにとっても嬉しい日だったに違いありません。

その他に、会場内の飾り付けを見て回ったりしました。

gifttable.jpg


ギフトテーブル(Gift Table)。このテーブルに持参した結婚祝い(Wedding Gift)を置きます。新婚生活に必要なものだったり、最近ではチェック(小切手)やギフトカードをプレゼントすることも多いそうです。そういえば、私たちも結婚の時にアメリカ人からチェックをもらったなぁと思い出しました。ギフトはテーブルに置いて、カードやチェックは「カードボックス」なるものが置いてあって、そこに入れる形式でした。私たち夫婦は「宛名を書くかどうか」で悩んだんだけれど、「誰に贈るかは決まってるんだから」と宛名は書かなかったんです。でも、かなりの人が書いておりました。

このテーブルには、両家の両親、祖父母の結婚式の写真が!!実は、私たちも結婚式の時に両親の結婚式の写真を飾りました。なんか、同じ発想っていうのが親近感湧きますね。

wedcake.jpg


ウェディングケーキ、丸太型です。手前に置いてある丸太を切る用のノコギリには、新郎新婦の名前が書いてあります。これを二人で両脇から持って、切ったんですよ〜〜。とってもカワイイ

lumber.jpg


出席者用にいろんな味の丸太ケーキが!!「Lumber Yard(材木置き場)」となっているのが、イイ感じです。

用意されていた、アペタイザーで一休み。

tableset.jpg


テーブルのセッティングもイイ感じです。Wedding Favor(出席者用の小さなお土産。引き出物よりもずっと小さい感じの物です)のメープルシロップは、自分たちが住む予定の家の庭で採ったもの。本当に全て手作りなんですよ〜〜。

「食事はケータリング??」と思っていたのですが、食べ物をとりにいったら知り合いが食べ物の準備をしていました〜。しかも、新婦のお父さんのワゴンから取り出してるし!!メニューはこんな感じでした。

披露宴のメニュー ビュッフェ Buffet


上から
おじいちゃんが作った豚のバーベキュー、家で育てた鶏のホットチキン(チキンのクリーム煮みたいな感じ)、採れたてスナップピー、ベイクドビーンズ、おばあちゃんが作ったマカロニサラダ、メロンなどのフルーツサラダ、です。

そう!やっぱり、手作りなのですよーーーー。出席者は100人はいたと思うので、すごいですよね!!席が一緒になった農家の方も「うちのイチゴなのよ〜」と言ってたし。何から何まで手作りという感じでした。



Buffet ビュッフェスタイルで


Buffet(バッフェ/ビュッフェ)の様子はこんな感じ。

allinboots.jpg


会場に向かう新郎新婦一行。見えるかな??みーーーんなウェスタンブーツを履いてるんですよ!さすが!!

ファーストダンス First Dance


ケーキカットとファーストバイトの写真はうまく撮れなかったんだけど、これはファーストダンス。見てる人もいれば、そうで無い人もいるという感じで、ゆるーーーーーく進んでいきます

Father and Daughter Dance お父さんと花嫁のダンス


Father and Daughter Dance(お父さんと花嫁のダンス)。これは、こちらでは必ずやります。これを見て、旦那は「自分だったら、泣きながら踊っちゃう。。。」と既に涙目でした


こんな感じで、なんとなーーーく人々が減っていく感じで「お開き」のタイミングは無かったです〜。多くの披露宴では、この後みんなで踊る「ダンスタイム」があるらしいんだけれど、今回はありませんでした。踊る気満々で行ったKはちょっとがっくし。。。でも、お祝いができたことがとても嬉しかったし、私たちも初めての経験でとても楽しませてもらいました。

末長くお幸せに


--------おまけ--------
Kの髪型は、前日に私が練習した「エルサヘア」。

エルサヘア 練習


我ながら頑張ったと思います(笑)。そして、ここ最近で一番の「おかん、すごい!!!大好き!!!!!」をいただきました〜。でも意外に簡単。セット方法はこちら(You Tube)にあります。英語だけれど、見ながらできるので英語がわからなくても大丈夫かも。




同じようで、いろいろ日本と違うもんだよねぇ〜
のクリックしていってくださいな


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ


Comments 0

Leave a reply

About this site
アメリカでの専業主婦生活、意外と楽しんでいる自分にビックリ。 2008年1月生まれの長女Kと私の日常。時々旦那
About me
アメリカ中西部に住む専業主婦。昔はなりたくないと思っていた専業主婦も、なってみると私に向いている事が発覚!いろんなものを作るのが楽しくて仕方がありません。

2014年に小さな農家を購入し、肉牛を育てています。

旦那、私(えま)、2008年生まれの娘(K)の三人暮らし