花粉症に効いた〜!

先日も書きましたが、私、花粉症です。日本にいた頃は杉の花粉症で、春には目玉を取り出して洗いたい感じでした。目も開けられないし、鼻の奥が腫れ上がるといった感じ。私が日本に住んでいた頃はまだ「花粉症で医者にかかる」ということが一般的ではなかったので、苦しい思いをしてました。

アメリカに引っ越してきて、日本ほどではないけれど、やっぱり春は花粉症になります。自分の診断では(笑)、草の(花の)花粉でなると思ってるんだけれど、どうなんでしょう?うちの周りは、杉はほとんど見ないので日本にいた時ほどひどくないのが救いです。

日本だと最近は「市販薬を買うより、病院で診てもらって処方箋薬を買う方が安い」なんて言われるみたいですが、ここはアメリカ。先生に会うだけで数百ドルかかるわけです。まぁ、保険が効くので私の場合数十ドルになるわけですが、それでも市販薬を買ったほうが安いのです。で、しばらくはこの薬を飲んでいました。

Claritin


Claritin(クラリトン)。経口薬です。眠くならない抗アレルギーの薬なので、かなり気に入って何年も花粉シーズンは飲んでいました。でもねー、なんか急に涙が出たり鼻がかゆくなったり「あれ?飲んでるのになぁ??」と思うことが、たまにあるのですよ、この薬だと。でも、これ以上に効く薬に出会えないので、これを飲み続けておりました。しかも製薬会社の「囲い込み」にあうので、どんどん割引クーポンなんかをもらうんですよね〜。それもこの薬を使い続けている一因でした。

でも今年はこれを使っています。

Flonase


Flonase(フロネーゼ)。点鼻薬です。なんだか、今年やたらコマーシャルをやっているのですよ。そして「他の薬は1つにしか効かないけど、この薬は6つに効く!」というキャッチフレーズでやってまして。何の6つかはよくわからないけど(笑)なんだかすごい!!とコマーシャルにまんまと印象付けられたわけです。

でも、私は鼻にスプレーするタイプの薬は使ったことなくて。なんとなく抵抗があったので、毎年買っている薬を買おうと思ってドラッグストアに行きました。でも、値段を見てみたら、このFlonaseの方が安かった!なので「一回試してみよ〜」と思って、こちらを手に取ったのでした。

で、試してみたら。。。。。



すごい効きます!!!



花粉症シーズンは、なんだかずっと鼻の奥が腫れてる感じがするのだけれど、それが無くて鼻がスーーーーっと通ってる感じ!

花粉友達に「この薬、ちょーーー効くよ!!」と言ったら、「あーーー、私も前使ってたけど、処方箋もらうの面倒臭くなってね〜」と言われました。へ???私、処方箋なしで買ったよーーー!!

調べてみたらこの薬、去年の夏に初めてOver the counter(オーバーザカウンター・処方箋なしで買える薬)として認められたらしいのです。なので、処方箋なしで買えるようになってからの、初めての花粉シーズンなのですよね。なんで今まで使ってなかったんだろう??と思っていたけれど、私がこの薬の存在を知ったのが初めてなわけです。

その友達も「処方箋なし」にとても喜んで、早速ドラッグストアに行くと言っていました。花粉症のシーズンは本当につらいので、その煩わしさがなくなるだけで本当に嬉しいです。今年からは特に農家での外作業が増えるので、良い薬に出会えてよかった〜!


あくまで私の使用した感想です。そして、Drugs.comによると、ClaritinのFDA pregnancy categoryはB、FlonaseはCです(カテゴリーの考え方については、こちらを参照)。なので、妊娠を希望しているかによっても、どの薬を使うかを考えるのが良いと思います。


これで、春の外作業もバッチリだね
のクリックしていってくださいな



にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

Comments 2

あいうえだぁ  
それ!

日本では医療薬のクラリチン(成分名ロラタジン)とフルナーゼ点鼻薬(成分名フルチカゾン・ステロイド)と思います。OTCで購入できるとはうらやましい。
日本でOTCで買えるのはアレグラくらいです。しかも1類だから薬剤師の勤務している時間帯でしか買えません。

2015/03/30 (Mon) 07:06 | EDIT | REPLY |   
えま  
Re: それ!

>あいうえだぁ さん

すごい!お薬詳しいんですね〜!それとも、花粉症仲間だからとか!?

確かにClaritinの成分は(Loratadine/ロラタジン)、Flonaseは(Fluticasone propionate/フルチカゾンプロピオン酸エステル)でした〜!日本では、処方箋がなくてはダメなんですね。日本の薬事法は、厳しいとよく聞きますもんね。でも、だからこそ「お医者さんに行かないと、花粉症の薬がもらえない」訳なんですね。日本の流れ作業的な病院での診察を改めて見ると、どっちが良いのかな〜という気持ちにもなりますが。。。

2015/03/31 (Tue) 14:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
アメリカでの専業主婦生活、意外と楽しんでいる自分にビックリ。 2008年1月生まれの長女Kと私の日常。時々旦那
About me
アメリカ中西部に住む専業主婦。昔はなりたくないと思っていた専業主婦も、なってみると私に向いている事が発覚!いろんなものを作るのが楽しくて仕方がありません。

2014年に小さな農家を購入し、肉牛を育てています。

旦那、私(えま)、2008年生まれの娘(K)の三人暮らし