くるみ割り人形のパジャマパーティー

Kの通っているバレエ学校で、パジャマパーティーがありました。

アメリカでは、習い事や学校ですぐ「ファンドレイジング(寄付集め)」をします。なぜこういう文化なのかいまいちわからないんだけれど、いろんな形で寄付を募るのです。何かを買うと売上の一部が学校にいくとか、少し高めのお金を払って何かに参加して、残りの金額は寄付にまわすとか。。。そんな感じです。バレエ学校は本当にこのファンドレイジングが多い!それだけお金がかかるんですよね。。。このパジャマパーティーもその一環です。

バレエのパジャマパーティー


会場はこんな感じ〜。大人のパーティーみたいに、ちゃんとテーブルが用意されています。さっすがー!この場所はバレエ学校の建物や美術館とつながっている場所で、いろんな催し物が行われる場所です。以前ここにKと「子供のためのオーケストラ」を聞きに来たことがあります。でも、その時とは全く違う雰囲気!馬の像はピンクですよ〜〜。

クララの一家


このファンドレイジングは、12月に行われる「くるみ割り人形・The Nutcracker」のためのものです。なので、そこに出演するキャストのお兄さんお姉さんも参加しています。もともと、くるみ割り人形のお話は、上の写真の女の子/クララの家でクリスマスパーティーが行われた後に起きたことになっているので、そのクララの家のパーティーに行っているという設定なのです。弟のフリッツやお父さんお母さんも一緒に。

雪の女王と


Snow Queen(雪の女王)と一緒に。このお姉さんは、いつもKのクラスで先生のアシスタントをしてくれているお姉さん(アシスタントをすると、授業料が少し免除になったりするらしい)。その「よく知ってるお姉さん」が、素敵な衣装を着ているのでKもとっても嬉しそうでした。

この他に葦笛、花の精などのお姉さんたちが勢ぞろいでした。でも、一番のSugar Plum Fairy(シュガープラムフェアリー/金平糖の精)は残念ながら登場せず。。。練習していたっぽいです。。。お話としては主役じゃないけど、踊りは主役ですからね〜、大変そうです。

食べ物もたくさん!

くるみ割り人形のクッキー


お菓子もたくさん〜〜。これは、くるみ割り人形のクッキー。とっても可愛いです。綿あめを食べたり、キャンディーを食べたり、やりたい放題です(笑)。まぁ、「夢のパーティー」なのでね〜、いいでしょう。この後、きちんとご飯も食べましたよ。パスタや、ピザブレッドなどでとても美味しかったです。写真ないけど。。。

その後は、ダンスタイム!

踊る踊る!


みんなでダンスフロアーで踊りまくりです。もう、こんな小さい頃からこういう事してるんだもんねぇ。アメリカ人、そりゃいつでも踊るよねぇ〜。私なんて、会場に入った時「この不自然に空いている空間はなんだ!?」と思っちゃったからね。踊る文化なんてありませんよ

お姉さんたちも、先生も、みーんな一緒に踊ってとっても楽しそうでした。昔は私が一緒に踊ってあげないとダメだったのに、自分からみんなと踊り始めたK。お姉さんになったなぁ〜、なんてシミジミ。

その後、くじ引きをしたりクラフトをしたりで、楽しい2時間を過ごして帰って来ました。子供達が楽しむパーティーって感じで、とってもよかったです。私もなんだか「アメリカだなぁ」って感じちゃいました。

参加者の半分くらいが、お父さんも一緒に来ていたんだけれど、そのお父さんたちのほとんどが居場所がない感じで笑えました。こういうパーティーは女の子のものだねぇ〜。


いよいよホリデーシーズンだ!!
のクリックしていってくださいな



にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ


Comments 2

hilo  

「はなかっぱ」を食べてるようにしか見えない…(笑)

2014/11/29 (Sat) 12:13 | EDIT | REPLY |   
えま  

>hiloちゃん

はなかっぱーがひなかっぱーに見えて、「なつかし!」と思ってしまった私。。。

2014/11/30 (Sun) 22:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
アメリカでの専業主婦生活、意外と楽しんでいる自分にビックリ。 2008年1月生まれの長女Kと私の日常。時々旦那
About me
アメリカ中西部に住む専業主婦。昔はなりたくないと思っていた専業主婦も、なってみると私に向いている事が発覚!いろんなものを作るのが楽しくて仕方がありません。

2014年に小さな農家を購入し、肉牛を育てています。

旦那、私(えま)、2008年生まれの娘(K)の三人暮らし