スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルーベルが咲きますように

我が家の周り、どんどん寒くなってきております。先週末からちょっと寒さがゆるんで晴れているけれど、今週半ばにはとうとう雪が降るかも!

それまでの晴れの時間は、外作業のための貴重な時間。周りの農家の人たちも大忙しみたいだし、私たちもあれやこれやと大騒ぎです。今日は、私の中での懸念事項だった、球根植えをやーーーーーっと終えました。

植えたのはこちら。

English Bluebell ブルーベル
球根を買ったBreck'sより


ブルーベル/English Bluebell。Kが学校かどこかで習ってきて「この花を植えたい!」と言いだしたものです。色も素敵だし、どんどん絨毯のように増えていくらしいので、そうしたら素敵だなーと思ったのでした。

でも!これはEnglish Bluebellなのですよ。いろいろ調べてみると、「イングリッシュ」ブルーベルと「スパニッシュ」ブルーベルがあるらしいのです。この二種は交配しやすく、交配が進んでいくとどんどん「スパニッシュ」化してしまうんだって。上の写真は色が薄く見えるけど、「イングリッシュ」の方は、もっとラベンダーやムスカリみたいに濃い紫なのですよ。

しかも、イギリスでは保護種になっているらしく、自分の敷地に生えているブルーベルを持ち出したり、球根を売ったりしてはいけないんだそうで。。。そんな球根が、アメリカで簡単に手に入るわけもなく、探すのにも時間がかかってしまいました。


そして、通販で買ったのですが、もう一つ問題が!
あまりにグラウンドホッグやら、ネズミやら、モグラやらが出るのですよ!鹿とか、リスとか。。。球根は、彼らの大好物のエサなので(もぐらは肉食なので、食べないらしいけど)。なので、まずそれを退治するところから始まったわけです。まぁ、とりあえず、グラウンドホッグと、モグラを旦那にやっつけてもらいました。で、その他の動物から球根を守る手段を調べたりしておりました。

で、結果。。。

チキンワイヤーでカバー


球根を植えた後、チキンワイヤーで覆いました。こうしたら、掘られてもなかなか球根に到達できない、らしい。。。ホントか?

ここに5個


で、土をかけた後、枯葉などで覆いました。
私が読んだものによると、リスとかは掘り返された柔らかい土を掘り返してみるらしいです。「他の動物が、なんか良いものを隠したんじゃないか?」って思うらしい。なので、葉っぱとかをかけておくと土が柔らかいかどうかが見えにくいので、いいらしいんですよねー。人間がみたら「何かありそう」な感じなんですけど。大丈夫でしょうか。。。

この木の根元に5個。

ここに10個


この木の根元に10個の球根を植えました。さてさて、来年の春が楽しみです。ここは、入り口のゲートを入ってすぐの場所なので、ブルーの花が咲き乱れるようになったら嬉しいなーと思います。



掘るなよ!


私が作業している間、ずっとちょっかい出していたくせに、写真を撮ろうと思ったら遠ざかるやつ。掘り返さないでよ、頼んだよ!



芽が出るといいねぇ〜
のクリックしていってくださいな



にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ



Comments - 0

Leave a reply

About this site
アメリカでの専業主婦生活、意外と楽しんでいる自分にビックリ。 2008年1月生まれの長女Kと私の日常。時々旦那
About me
アメリカ中西部に住む専業主婦。昔はなりたくないと思っていた専業主婦も、なってみると私に向いている事が発覚!いろんなものを作るのが楽しくて仕方がありません。

2014年に小さな農家を購入し、肉牛を育てています。

旦那、私(えま)、2008年生まれの娘(K)の三人暮らし
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。