日本で体験入学

体験入学の初日から一週間ちょっと経ちました。だんだんいろんなことに慣れてきて、とても楽しそうに学校に通っています。見たり聞いたりしていると、私が思っていた以上にアメリカの学校と違っていて、なかなか面白そうです。

まずは、通学を始める前日の放課後に、担任の先生と教頭先生にご挨拶に行きました。それまでは母と教頭先生でお話ししていたのですが、この日は担任の先生にもお会いしていろいろ必要な物などを聞きました。教室にもお邪魔していろいろ話を聞いたのですが、用意する物たくさーーーん!でビックリ。

でも、近所の100円ショップでほとんどの物が揃いました。すごいね〜、100円ショップ。

体験入学準備


ピンクのは、防災頭巾!そうなんですよ、アメリカで作ってこようかどうしようか迷ったんですよね。でも「まぁ、短期間だしいらないか!」と結論づけていたのでした。でもこの日先生に伺ったら「地震や災害はいつ起きるか分からないですからね。。。準備してください」と言われました。そうだよねぇ〜、確かにそうだ!実家は地震の多い地帯にあるので、当然って言えば当然です。

この他にノートや筆箱、赤青鉛筆(まだこれを使ってるんだねぇ)、定規、上履き、紅白帽、水泳道具などなど。。。本当にいろんな物が必要です。しかも、全部に名前を書かなくちゃいけないんですよねーーー。日本のお母さん達、尊敬します!!


迎えた、登校初日!
体験入学初日!


黄色い帽子、黄色いバッグ、黄色いランドセルカバーもいただく事が出来ました。これを付けていると「ピカピカの一年生!」って感じですね〜。

初日は、荷物もたくさんあったので教室まで付いて行きました。たまたま「朝の読み聞かせ」の日だったらしく、教室内もわいわいしていてKには良かったかな〜。

クラスでご挨拶


みんなの前でご挨拶。教室の外から盗撮です(笑)。いつも書いているようにKはなかなか「話さない」子なのですが、先生に促され小さい声ながらも自分の名前と「よろしくお願いします」と挨拶をしていました!すごーーーーーい!!確かに自分でも「きちんと挨拶するもん!」と言っていたんだけれど、私としては話半分で聞いていました。でも、やる気だったんですねー、すごい!

初日は迎えに行ったら、目が回ったような顔をして帰ってきました。でもとても楽しかったそうです!一番楽しかった事を聞いたら、「全部だけど、あえていうなら掃除!」だそうで。アメリカでは生徒が掃除をしないので、みんなで一緒にぞうきんがけをしたのが楽しかったらしいです。
目が回っているみたいな様子だったのは、覚える事がたくさんあったからみたいです。机の中の教科書の入れ方まで指示されたそう時間割の順番に入れて、終わった教科は一番下に入れるんだそうな。出席をとるときに、ハンカチを持って手を挙げるとか。。。とにかく、細かい事にいっぱい決まり事があるらしい。きっとそれを全部覚えようとして、頭がパンパンになったんでしょうね〜〜

日直をさせてもらって、「きをつけ!礼!」の号令をかけたり、朝通学路で友達に会って一緒に学校まで行ったりと、日本でないと経験できない体験をたくさんしています。給食も食べられるか心配していましたが、とっても美味しいらしいです。お手洗いも和式が使えるようになり(日本に着いてから、練習しました w)、本当に何の問題もなく通っています。良かったなー。

短い間だけれど、いろんな経験をしてもらいたいと思っています。快く受け入れてくださっている学校やクラスのお友達、そのご両親にも感謝です。


まるで修行僧


プールの授業も始まって、荷物は大量!日本の小学生は、大変だーーー。


楽しそうで、良かったね〜。
のクリックしていってくださいな



にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

Comments 2

ぶぅふぅう~  

お久しぶりです

本当に久しぶりに訪問したら、「あれ?風景が日本?」
家並み(塀)にKちゃんの黄色い帽子
体験に入ったってことは、日本の小学校に入るの?
戻ってきてくれたらうれしいな~
(だってもしかしていつか会える?)

子供が成長するのって嬉しいけど、ちょっと寂しいよね

2014/06/27 (Fri) 19:16 | EDIT | REPLY |   
えま  
お久しぶりです!

@ぶぅふぅう~ さん

日本へは一時帰国中なんですよ〜。
そんな期間だけ小学校に入学することを「体験」入学って呼んでいるらしいです。習い事とかだと「体験」のあとに「本当の入会」とかあるんですけどね。。。短期間で終わりなのです。

本当に子供はどんどん成長していきますね。確かにちょっと寂しいような、フクザツな気持ちです。

2014/07/01 (Tue) 01:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
アメリカでの専業主婦生活、意外と楽しんでいる自分にビックリ。 2008年1月生まれの長女Kと私の日常。時々旦那
About me
アメリカ中西部に住む専業主婦。昔はなりたくないと思っていた専業主婦も、なってみると私に向いている事が発覚!いろんなものを作るのが楽しくて仕方がありません。

2014年に小さな農家を購入し、肉牛を育てています。

旦那、私(えま)、2008年生まれの娘(K)の三人暮らし