アメリカでの専業主婦生活、意外と楽しんでいる自分にビックリ。 2008年1月生まれの長女Kと私の日常。時々旦那
まとまらない思い
ずいぶんご無沙汰しておりました。寒暖の差が激しい季節だけれど、体調を崩していた訳ではありません。

実は、先週頭、祖母が他界しました。4月頭に脳梗塞で倒れ、意識が戻る事は無いだろうと言われていました。そして、数週間前から危篤状態が続いていました。アメリカに来ると決めた時からある程度覚悟をしていたことではあったけれど、「もう意識が戻らない」と聞いた時はやっぱりショックでした。毎日特に悲しんで暮らしている訳ではないし、ブログに書きたい事もいっぱいあるのだけれど、一番書き残しておきたかった事は祖母の事。一番書きたい事を無視して他の事を書く事ができなくて。でも、何を書いたら良いのか分からなくて、しばらくブログの更新ができませんでした。でも、こうやって書き始める事ができるという事は、ちょっと自分の中が落ち着いてきたのかなーと思っています。

特におばあちゃんっ子だった訳ではないけれど、母の母だからか気負い無く話せる祖母でした。一人でおばあちゃんの家に泊まりにいく事もたくさんあったし、二人で買い物に行ったり飲みに行ったりもしていました。いろんな話をした事とかを思い出すと、やっぱり涙が出てきてしまいます。よく祖母は自分の事を「お母さんはね」と私に向かって言っていたので、祖母も娘の娘ということで気負ってなかったように思います。

変な言い方だけれど、意識の無いまま心臓だけ動き続ける状態じゃなくて良かったんだよなと思います。もちろん私は最後のお別れをしたかったけれど、それは生きている方の都合。儀式があった方が「人の死」を受け止めやすいかもしれないけれど、それで何か事実が変わるわけじゃない。喪失感は喪失感として受け止めていくしか無いんだよなと思います。きっとこの喪失感が埋まる事は無いけれど、この喪失感と一緒にいる事が普通になっていくんだろうな。

20代の時に父方の祖父が亡くなりました。でもやっぱり、父方の祖父は遠かったなぁ〜。確かに悲しかったけれど、ここまで悲しくなかったなと思います。

私は何の宗教も信じていないけれど、なんとなく「またね!」と祖母に言いたい気分でいっぱいです。こうやって、宗教って生まれていくんだね(笑)



ふじちゃん


なんの関係もないけど、Kの書いたふじちゃん(笑)!!元気が出ます

Rest in Peace...
のクリックしていってくださいな



にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://chocholon.blog99.fc2.com/tb.php/576-e371ee1d
プロフィール

えま

Author:えま
アメリカ中西部に住む専業主婦。昔はなりたくないと思っていた専業主婦も、なってみると私に向いている事が発覚!いろんなものを作るのが楽しくて仕方がありません。

2014年に小さな農家を購入し、肉牛を育てています。

旦那、私(えま)、2008年生まれの娘(K)の三人暮らし

最近の記事・コメント

カテゴリ

トラックバック
--*--

カレンダー

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム