スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tooth Fairy が来た!

少し前の事になりますが、Kの乳歯が初めて抜けました!!

最初夕ご飯の時に「なんだか、歯が痛い気がするんだよね〜」と言い始めたK。虫歯か??と思いながら口を覗いてもそんな感じは無く。。。で、「もしかして、歯がぐらぐらしたりしてる?」と聞いてみたら。。。

「そうそう、ぐらぐらしてるの!」


と!!!私が、ビックリ〜!!
Kのお友達でも生え変わり始めている子はいるけれど、「まさかうちの子が!!」(笑)的な心境でした。

Kにもちゃんと説明した事が無かったので、子供の歯は全部大人の歯に生え変わる事を説明しました。で、アメリカでは抜けた歯を枕元(や枕の下)に置いておくと、Tooth Fairy(歯の妖精)が持って行ってくれてその代わりにお金を置いていってくれるのです。そんな事も説明しました。Kは歯が抜けるというのはちょっと怖い様子だったけれど、「妖精が来て、お金を置いていく」と聞くと、とてもワクワクして来たようです。そういう意味で、Tooth Fairyの話しはとっても良いみたいです。特にKはビビりーなんでね。。。

うちは夫婦とも日本人なので、「上の歯は軒下に、下の歯は屋根に投げる」と教えようかな〜とも思っていたのです。でも、こちらでは学校で歯が抜けると、乳歯専用のケースに入れて持ち帰らせてくれるのが普通なんです。そんな時にTooth Fairyの話しも出るようなので、話しを合わせておいたあげた方がイイかな〜と思ったのでした。


口の中を見てみると、こんな感じでした。

後ろから永久歯が。。。
苦手な方もいるかもしれないので、小さめに。。。クリックで大きくなります。


ぐらぐらしている乳歯が浮いてる感じで、その後ろから永久歯が既に顔を出してるんですよ〜〜!これだと歯並び悪くなっちゃうんじゃない?とか、歯医者さんに行って抜いてもらった方が良いんじゃない?とかいろいろ考えましたが、ちょっと様子を見る事に。

ぐらぐらし始めて、3日目。
夜、Kに「まだ抜けない??」と聞くと、「うん、手で引っ張っても抜けないんだよーーー、ほら!」と言ってKが歯を引っ張ったら。。。。



抜けました!!!



Kは抜けないと思っていたからビビっちゃったし、ちょっと血も出たから怖かったみたいなのだけれど(痛くは無かったらしい)、「わーーー、やったね、Tooth Fairy来るね!!」と親が盛り上げてみました。すると、とっても嬉しそう!!

抜けた!


良かったですー。

抜けた歯ですが、だいたいTooth Pillow(歯の枕)という入れ物(実は、枕っぽくない物が多い)に入れて、枕元や枕の下に置いておきます。これを作ろうかどうしようかさんざん迷っていたのだけれど、Kが気に入っている、前に手芸教室で作ったマカロンポーチに入れておいておく事にしました。

マカロンポーチのできあがり!


ちょっと小さかったので、お金を入れるのが大変でしたが。。。

Tooth Fairyが置いていくお金の相場ですが、昔はコインだったそう。つまり、一番高くて25セントですね。でも今は$1.00〜$5.00が相場らしいです。中には$10.00入れるという人も!20本も抜けるのに、そんなに出せませ〜〜ん!!!我が家は、$1.00です。それくらいで良いです。Tooth Fairy Receiptなんてーのもあるらしいですよ〜〜。

翌朝お金を発見したKは、大喜びで貯金箱に入れてました〜。


さて、Tooth Fairyが回収した乳歯は。。。





こんな物に入れてみました。

Baby Tooth Album


Baby Tooth Album(乳歯アルバム)という物です。どの歯がいつ抜けたとか書けて、歯も保存しておけます。歯が抜けている時の写真なんかも貼っておける物です。日本でも最近はいろいろあるみたいですよね〜。最初は日本で木のケースを買おうとも思ったのだけれど、これが「どこの歯が抜けたか」がとてもわかりやすかったので、これにしました。全部のケースに歯が入るのが楽しみです


同じケース、日本でも買えるみたいです〜〜。




で、気になる永久歯の方ですが、だんだん前に出て来てきちんと他の歯の間に落ち着きそうです。乳歯がぐらぐらしている時に気になってネットで調べたのだけれど、結構そういう物らしいです。固い物を良く噛んだり、舌を使う事で自然に矯正されていくんですって。ふっしぎー!!



こっちの方が興奮しちゃったよ!

のクリックしていってくださいな


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ



Comments - 0

Leave a reply

About this site
アメリカでの専業主婦生活、意外と楽しんでいる自分にビックリ。 2008年1月生まれの長女Kと私の日常。時々旦那
About me
アメリカ中西部に住む専業主婦。昔はなりたくないと思っていた専業主婦も、なってみると私に向いている事が発覚!いろんなものを作るのが楽しくて仕方がありません。

2014年に小さな農家を購入し、肉牛を育てています。

旦那、私(えま)、2008年生まれの娘(K)の三人暮らし
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。