パーラービーズでびっくり

去年のクリスマスプレゼントに、Kにパーラービーズ(アイロンビーズ)をあげました。実は、一年位前から「やってみたい!」とねだられていたもの。でも、対象年齢が5、6歳からと高めだったのでちょっと考えておりました(ホントは、4才からもできる「ビギービーズ」という大きいのもあったのに、知らなかった)。

で、やーーっとプレゼント。最初は様子見なので、こんなキットをプレゼント。

ミニーのパーラービーズ


そうしたら、夢中でやり始めた!!最初の一週間くらいは、寝ても覚めてもという感じでした最初はなかなか難しくて、ビーズをはめられなかったり、色を探せなかったりしたけれど、どんどん上手になってまいりました。

で、アメリカに帰って来てからビーズやボードなんかを買い足してあげていたら。。。

こんなにいっぱいできた〜。


こんなにできちゃったよ!!そして、だんだんこんな物も作りたがるように。。。

3Dのアイロンビーズ


立体です!雪だるまの帽子も、K作です。
作り方はメーカーのホームページから一緒に選んでダウンロードしたり(日米共に)、作り方の本を買ってあげたりしております。私自身嫌いじゃないので「一緒にやろうよ!」と言われると(他の事よりは)喜んでやるので、そんなことも夢中にさせている理由かもしれません。

どんどん楽しくなってきて、こんなメーカーの策略のような(笑)作品も作り始めました〜。

太陽は赤じゃない!


ビーズを早く消費させる為の作品としか思えない!!

でもね〜、これを作っている時に、びっくりな発見があったのです。この図案を見て、Kが言った事は。。。






「左上の、赤いのなぁに??」





なぬーーー!君は、日本人じゃないね!!!!!

何かで読んだ事があるんだけれど、太陽の色を赤で書くのは日本人以外にはあまりいないらしいです。皆黄色やオレンジで書くらしいのですよ。Kも確かに、いつも黄色で書いていた。赤だと太陽に見えないって!!そっちの方が、私からしたらすごい不思議です〜〜〜。


上の写真からまた更にもりもり作っているので、どんどん作品は増えそうです。指先の動きが良くなりそうだよね〜。


遊びでも、いろんな発見があるね〜

のクリックしていってくださいな


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ



Comments 0

Leave a reply

About this site
アメリカでの専業主婦生活、意外と楽しんでいる自分にビックリ。 2008年1月生まれの長女Kと私の日常。時々旦那
About me
アメリカ中西部に住む専業主婦。昔はなりたくないと思っていた専業主婦も、なってみると私に向いている事が発覚!いろんなものを作るのが楽しくて仕方がありません。

2014年に小さな農家を購入し、肉牛を育てています。

旦那、私(えま)、2008年生まれの娘(K)の三人暮らし