世界は狭い!!

最近Kを図書館に連れて行けてなくて「図書館に行きたいよ~」と言われていました。でも、Kのプリスクールの時間と重ならないプログラムは大きい子向けだったりして、なかなか連れて行けてませんでした。で、やっと先週行って参りました~。

で、ストーリータイム、クラフトと終わってから、結構時間があったので図書館にあるキッズルームのようなところでパズルをしたりなんかしていました。そうしたら、アジア系のお母さんに話しかけられたのです。

私の住んでいるところはホントに田舎なので、有色人種はとても珍しいのです。アジア系の人なんかがいたら、目立つしお互いにチェックしちゃいます。

「自分の子供に自分の国の言葉で話しかけるの、とってもイイなって思うのよ~」(英語で)

と。これは、とても嬉しい言葉です。うちは旦那も日本人なので家ではみーーーんな日本語だけれど、外出先で日本語を話し続けるのは度胸がいる時もあります。特に学校や図書館みたいなところでは、子供達は「この人達何話してるんだ??」って顔でじーーーっと見るし(正直だよね)じーっと見られなくても注目されているのがわかります。でも、私が恥ずかしがったらKも恥ずかしがって話さなくなると思うので、日本語で話し続けているのです。それを「イイなって思う」と言われると、やっぱり嬉しいんだな~~。

で、その人もどこかアジアの国から来た人なのだろうと思い、

「お宅でも、英語以外の言葉で話しているの?」

と聞いてみました。すると。。。。


「ううん、お母さんが沖縄から来た人なのよ」


だって!!なぬーーーーー!!!!

お母さんは英語を勉強するのに忙しくて、日本語を教えてもらえなかった(と本人は思っている)そうで。自分は日本に親戚や従兄弟がいるのに、自分の力でコミュニケーションできないのが悲しいんだそうだ。。。そうだね~、そりゃそうだ。


とにかく、うちの近所に日本人が!という事が大変驚き&嬉しかったので、電話番号を交換して別れました。


そしたらね、電話がかかってきたんですよ、その日本人のお母さんから。で、いろいろお話ししていて判明したこと。

近所の友達(日本人)が結婚式をした時に、通訳をしてあげた方だったのだ~~!!これまたビックリ!!!

友達からそういう方がいるって聞いていたし、いつか皆で会おうねとは言っていたものの、忙しくてなかなか実現していなかったのです。でも、こんな形で出会ってしまうとは~。世界は狭い!!!今度、お茶する予定でいます。自分の母くらいの年の方だけれど、楽しみだわ


まぁ、こんなど田舎のアジア人(日本人)社会なので、狭いのは当たり前ですけどね。。。


でもやっぱり、同じ国の人に会うのは嬉しいよね~
のクリックしていってくださいな


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

Comments 2

あきこ  
必然的に出会うんですよね。

私も経験あります。公園で出会ったアジア系の英語しか話せないお母さんにお子さんの名前(父親は白人)を聞いたら、「トミコとサチコよ」と言われた時はびっくりしましたよ。彼女のお母さんが仙台の方で、お会いした時に言ってましたが、当時(30年以上前)はバイリンガル教育なんて全然知らなかったそうです。
他にも日本人との不思議な出会いがありますねぇ。でも田舎に行くとそう簡単にはありませんよね。私だったらアジア系の方を見ただけで嬉しくなりますね。

ちょっと(とっても?)関係ありませんが、私も沖縄出身なのでその日本人のお母様によろしくお伝えください。

2012/07/31 (Tue) 22:33 | EDIT | REPLY |   
えま  
伝えます(笑)

>あきこさん

ホント、突然日本の名前なんて聞いたらビックリしますね!私は学生時代に「さくら」という名前が呼ばれて思いっきり振り向いた覚えがあります。でも、日本の親戚はおらず、両親が日本びいきだっただけでしたけど。。。

バイリンガル教育という考え方は、最近の事なんですね~。年が上の方では「一言語を教える方が良い」みたいな事を言う方もいるみたいだし。。。まぁ、子供は教えたら教えたで教えている間は大変だから文句を言うし、教えなかったら教えないで大人になって文句言うし、なんでしょうねv-391

あ、同郷の人がいると嬉しいですよね!よろしく言っときます~~v-411

2012/08/01 (Wed) 21:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
アメリカでの専業主婦生活、意外と楽しんでいる自分にビックリ。 2008年1月生まれの長女Kと私の日常。時々旦那
About me
アメリカ中西部に住む専業主婦。昔はなりたくないと思っていた専業主婦も、なってみると私に向いている事が発覚!いろんなものを作るのが楽しくて仕方がありません。

2014年に小さな農家を購入し、肉牛を育てています。

旦那、私(えま)、2008年生まれの娘(K)の三人暮らし