葛餅を作って思い出した

我が家は、旦那の両親がいろ~~んな日本食材を送ってくれるので、アメリカにはなさそうな物が結構あります。そして、日本にいるときは全く買った事がない物も、いっぱいあります

そのひとつが、これ~。

くず粉


くず粉。年に数回は、義両親が「何を送って欲しい?」と聞いてきてくれます。なので、以前友達から教わったレシピの材料だった「くず粉」を頼んでみたのです。そしたら、何袋か送ってきてくれました~。

で、手持ちのレシピ本を見ていたら、「葛餅」が載っていたので、作ってみようかな~という気になり、作りました!

葛餅作りました


めちゃめちゃ、簡単です。くず粉を水で溶いて火にかけ、糊状になるまで混ぜます。んで、冷水の中でちぎるだけ!!きな粉ももちろん、義両親が送ってくれたもの。そして、黒蜜は~~~

Grandma's Molasses 黒蜜の代わりに!


これです!Molasses(モラセス)!!以前友達が、白玉団子にこれをかけて食べているという話を聞いて、やってみたらすごく美味しかったの!本当の黒密の味なんて、もう忘れてしまったのでそう思うだけかもしれないけどね。。。でも、とても好いアイディア!と思っています。


くず餅を食べていたら、これを思い出しました。

筑紫もち


博多銘菓、筑紫もち。うちの両親は博多出身なので、小さい頃から博多によく行っていた私(実は、福岡市生まれだしね~)。博多のお菓子を小さい頃からよく食べておりました。この、きな粉パフパフの所に、黒蜜をかけて食べるのがだ~~~~~い好きでした!忘れてたな~、この味!

ついでに思い出したのは、鶴の子

鶴の子


白あんをマシュマロで包んだお菓子。曾祖母が大好きで、よく食べておりました。あぁ~、食べたいなぁ~~。作ってみるか???(←ムリムリ!!)



普段食べられないとなると、余計食べたくなるのよね。。。
のクリックしていってくださいな


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ



Comments 0

Leave a reply

About this site
アメリカでの専業主婦生活、意外と楽しんでいる自分にビックリ。 2008年1月生まれの長女Kと私の日常。時々旦那
About me
アメリカ中西部に住む専業主婦。昔はなりたくないと思っていた専業主婦も、なってみると私に向いている事が発覚!いろんなものを作るのが楽しくて仕方がありません。

2014年に小さな農家を購入し、肉牛を育てています。

旦那、私(えま)、2008年生まれの娘(K)の三人暮らし