今更、ピクチャーディの写真に悩む

アメリカではたいていの学校で、年に一度「ピクチャーディ」っていうのがあります。クラス写真と個人のポートレイトを、写真屋さんが学校に来て撮ってくれるのです。だいたい、秋か春にやるのが一般的みたいで、Kのプリスクールは4月にやりました。でも、その後すぐに日本に行ってしまったので、受け取る事ができてなかったんですよね~。先週からKはプリスクールに行き始めたのですが、やっともらってきました。

Kのプリスクールはデイケア(保育園)がついているので、夏休み中でも一応プリスクールもやっています。



じゃん!!
初のピクチャーディ


これが、Kにとって初のピクチャーディの写真♪

このバックグラウンドは学校ごとに決められていて(多分、先生達で決めるんだろうね)、ポーズとかどれくらいアップにして撮るかとかは、事前にポーズなんかが何パターンか書いてある申し込み用紙が配られていて、それを家で決めて記入してから当日持って行くという感じなの。なので、小さい子なんかでも、きちんと親の意見が反映されるようになっているわけですよ~。私達も、Kと一緒に話してどのポーズにするか決めました(実は、この写真Kは片足を上げてるんですよ~)。

撮影当日はKのプリスクールの日では無かったので、私も一緒に行ったんだけれど、おもしろかったよ~。でも、何よりすごかったのは、先生達の笑顔作りのプロさ!!もう、何十年も毎年数回こんな事していたら、決め顔もうまくなるよね~~。

で、この写真なんだけど。。。クラス全員で写っているのは、写真を撮る当日に申し込んで代金も支払済。で、その他のものは「見てから決めてね」という方式で、プリントアウトされたものを渡されて、必要なものだけ買っていらないものは返すという方式。一番大きいので8インチ(約20cm)×10インチ(約25cm)。一番小さいのは、お財布にいられる程度なの。緑の模様がついているやつは、プラスチック製のカードになっていて、キーホルダーに付けられたり、しおりにできたり。。。って感じのものなのだ。

こんなに全部はいらないと思っていたんだけれど、やっぱり出来上がりを見ちゃうと「これも、結構いいなぁ」と思っちゃうんだよね~~~。値付けもなかなかうまくて(枚数が増えると、値引率が上がる)、「だったら全部買っちゃう??」と思わせるんだよね~。でも、一番大きい写真は飾らないと思うんだ。だって、自分たちがアメリカで入籍した時記念に写真撮ったけれど、この大きさのは一回も飾ってないからね~~~。日本人には、大きすぎなんだよね。

はぁ~~~、どうしようかな。。。



毎年撮ると、成長がわかるからイイよね。
のクリックしていってくださいな


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ



Comments 0

Leave a reply

About this site
アメリカでの専業主婦生活、意外と楽しんでいる自分にビックリ。 2008年1月生まれの長女Kと私の日常。時々旦那
About me
アメリカ中西部に住む専業主婦。昔はなりたくないと思っていた専業主婦も、なってみると私に向いている事が発覚!いろんなものを作るのが楽しくて仕方がありません。

2014年に小さな農家を購入し、肉牛を育てています。

旦那、私(えま)、2008年生まれの娘(K)の三人暮らし