3/17はSt. Patric's Day(セント・パトリックスディ/聖パトリックの日)でした。アイルランドの祝日で、アイルランドの聖人の命日だそうです。NYなんかの大都会では、アイルランドの人達のパレードがあったり、シカゴでは川が緑に染まったりします。アイルランドのシンボル、シャムロック(三つ葉のクローバー)にちなんで、とにかく「緑のモノを身につける日」なのです。

Kのプリスクールもご他聞に漏れず「緑のモノを身につけてくるように」と言われました。

St. Patric's Day 聖パトリックの日


Kはこんな感じ。見えないけれど、ヘアピンも緑です。クラスの2/3位の子が緑着てたかなぁ~。そして、手に持っているのは、プリスクールでもらって来たチョコレートのコイン。これは、St. Patric's Dayの象徴であるアイルランドの妖精が、たくさん金貨を持っているからとかなんとか。。。まぁ、とにかくKは喜んでおりました毎年このSt.Patric's Dayが来ると、「もうすぐ春なんだなぁ~」と思います。

今週はとても暖かく、春がもうすぐそこという感じ。アメリカでは(何故か)「春=シャボン玉」なのです。(日本って、シャボン玉に季節ってなかったよね!?)まぁ、そぉいうことで、シャボン玉をKとしてみました。

春はシャボン玉


こんな小さいのでも、かなり上手にできるようになっておりました~。大きくなったなぁ。

こんな感じで、どんどん春が近づいて来ております。でも、この辺りでは「もう一回くらい、雪が降るんじゃないの?』という会話が交わされておりますが。。。冬は好きだけれど、春で花が咲いたりするのもやっぱりワクワクするなぁ。



このまま春だとイイんだけどねぇ~
のクリックしていってくださいな


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

Comments 4

あいうえだぁ  
はじめまして

いつも拝読しています。
小さなお子様との海外生活が楽しそうですね。

ネットでソーシャルゲームをやっていて
緑、金貨、クローバーがあふれだしたことで
St Patrick's Dayのことを知りました。

衣装の色をあわせるというノリは日本人にはない習慣ですね。
タイでは国王の誕生日には黄色い洋服を着るひとであふれます。
国王は月曜日が誕生日。(私も月曜日生まれです)
誕生日の色が黄色なんですよ。

2011/03/20 (Sun) 23:54 | EDIT | REPLY |   
えま  
コメントありがとうございます!

>あいうえだぁさん

初めまして!
。。。ですが、私も何度かあいうえだぁさんのブログにお邪魔しています。
読み逃げで失礼しております。

「同じ色の服を着ていく日」というのは、こちらの幼稚園では結構あります。
イベントが無い月とかだと、「今日は、赤を着てくる日!」とか決めたりするみたいです。
それだけで、なんだか子供達はワクワクするんでしょうね~。

タイ国王の誕生日に、黄色を着る人が多いとは知りませんでした。
その国によって、いろいろあるんですね~。
誕生日の色が黄色とは、私も自分の色が何色か気になりますね。

2011/03/21 (Mon) 20:00 | EDIT | REPLY |   
あいうえだぁ  
誕生日の色

誕生日の色を知るなら、まず何曜日生まれかを調べねば。タイの人は必ず生まれ曜日を知っています。曜日によってラッキーカラーから守護神まで決まるのです。
http://www.ja6ybr.org/~jf6dea/hsrpt/rpt48.htm

もうすぐイースターですね。キンダーガーデンではチョコレート?卵?うさぎさん?何がテーマになるのでしょうね。あら、どうしましょう。私までわくわくしてきました。

2011/03/22 (Tue) 10:16 | EDIT | REPLY |   
えま  
おもしろいですね~

>あいうえだぁさん

わ~!リンクありがとうございます!
タイの人が生まれた曜日を皆知っているとは知りませんでした。日本人の血液型みたいなんですね~。ちなみに、アメリカ人は自分の血液型を知っている人は、少ないです。国、それぞれなんですね。

さて、私は「火曜日生まれ」でした。寝釈迦が火曜日の仏像とは、寝るのが大好きな私にピッタリです♪色はピンクかぁ~。おもしろいですね!

そうそう、もうすぐイースターです。教室は、大きいウサギの顔(笑)とかで既にデコレーションされているんですよ。ただ、イースターの頃には日本に一時帰国の予定なので、プリスクールの様子が見られない&お伝えできないのが残念。。。でも、エッグハントとかはする予定なので、また記事にしますね~。

2011/03/22 (Tue) 21:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
アメリカでの専業主婦生活、意外と楽しんでいる自分にビックリ。 2008年1月生まれの長女Kと私の日常。時々旦那
About me
アメリカ中西部に住む専業主婦。昔はなりたくないと思っていた専業主婦も、なってみると私に向いている事が発覚!いろんなものを作るのが楽しくて仕方がありません。

2014年に小さな農家を購入し、肉牛を育てています。

旦那、私(えま)、2008年生まれの娘(K)の三人暮らし