もうゴボウは植えない

ちょっと前になるけれど、ぶちガーデンに植えていたゴボウを抜きました。

そうそう、結局どうしようかと迷っていたゴボウは植えてみたんですよ~。で、初秋くらいが収穫らしいので、抜いてみる事にしたのです。

ごぼう抜き
よ~いっっしょ!よ~~~~~いしょ!!!


葉っぱが青々としてるでしょ???ゴボウは英語でburdock root(バードック・ルート/バードックの根)と言うんだけれど、このバードックはアメリカでは雑草扱いなんですよね~。放っておくと、本当にどんどん増えちゃうらしい。冬になると葉っぱは枯れるけれど根っこは冬を越すので、また新たに生えてくるんだって~。

昔々戦争の頃、日本で捕虜にゴボウを食べさせたところ、のちのち(敗戦してから)「雑草の根っこを食べさせた!」と問題になったらしい。食文化の差だね。

私達はイイけれど、隣の家まで進出し始めたりしたら大変だな~と思い、全て抜く事にしました。

だけどこれが、すっごい大変で!!!
ぷちガーデンの下の方は粘土質な土なんだけれど、そこにまで入り込んでしまってました。。。でも、根っこが残るとまた生えてきそうなので、一生懸命掘り起こしました~~(まだ残ってるかもしれないけれど

抜いたゴボウ


抜いたゴボウと記念撮影♪最近、写真を撮る時に変な顔ばかりします。。。そんなKも、泥だらけになって手伝ってくれました。

小さめのゴボウだけれど、このサイズが5本くらい収穫できました。きんぴらごぼうにしたり豚汁に入れたりしていただきました~~。新鮮なのでとっても美味しかったです

でも、この大変さ(あと、周りへの迷惑)を考えると、もう植えないかな。。。ゴミ箱とかに土を入れて植えるといいらしいから、次やるとしたらその方法を考えてみよう!




作物のチョイスもなかなか難しいね~
のクリックしていってくださいな


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ



Comments 0

Leave a reply

About this site
アメリカでの専業主婦生活、意外と楽しんでいる自分にビックリ。 2008年1月生まれの長女Kと私の日常。時々旦那
About me
アメリカ中西部に住む専業主婦。昔はなりたくないと思っていた専業主婦も、なってみると私に向いている事が発覚!いろんなものを作るのが楽しくて仕方がありません。

2014年に小さな農家を購入し、肉牛を育てています。

旦那、私(えま)、2008年生まれの娘(K)の三人暮らし