搾りたての牛乳で、何作る?

久々に、知り合いの農家に遊びに行って来ました。

牛とK


もう、とにかくKは牛が大好きで「うしたん、うしたん♪」と言いながらいつまででも見ています。そして、どんどん近づいて行く。。。(でも、牛が近づいてくると、逃げる

ブルとK


こんな大きなブル(種付け牛)だって、へ~~っちゃらです。このでかい牛を「いいこ、いいこ!!」(なでなでしたい、の意)と言ってききませんでした。いやぁ、ムリムリ!これだけ大きいとこっちが怖いんですよ!!

今回の目的は、牛の乳を搾らせてもらう事。こちらの農家は肉牛農家なので、乳牛を育てるのは本業じゃありません。でも、数年前から一頭だけ牛乳を楽しむために飼い始めたらしく、その牛がこの春初めて子供を産んだのでした。

Rosy


それが、この牛 一頭しかいないので、機械ではなく手で搾っています。

私もやらせてもらったんだけれど、これがなかなか難しい。搾ると出るには出るんだけれど、コンスタントにたくさん搾り続けるのが難しいのです。私はすぐギブアップしました。。。だって、腰も痛くなるんだもん。旦那は、かれこれ30分以上やってたんじゃないかな~!?

Rosyの子供


これが、上の牛の子供。この子牛を「いいこ、いいこ」する事ができて、Kは大興奮&大満足でした!いやぁ、良かった良かった。

お母さんの牛乳をすべていただいてしまっているので、この子は子牛用の人工ミルクで育っています。この子に大きな哺乳瓶でミルクをあげていたら、Kが「Kたんも!ミルク~!!」と言って、欲しがったのには笑ってしまいました。

子羊が生まれてた


春は誕生の季節。子羊も生まれていました。いや~ん、カワイイ♪




結局、今回は1.5ガロン(約5.7リットル)の牛乳をもらってきました~。

搾りたての牛乳は、乳の成分が均質化(ホモジナイズ)されていなく粒子が大きいらしい。人によっては、お腹をくだしちゃったりする人もいるとか。でも、我が家は大丈夫でした。Kもちょっとだけあげてみたけれど、問題ないみたい。搾っているところを見たせいか「うしたんの!うしたんの!」と喜んで飲んでいます。こちらの農家では、毎日4ガロン(約11リットル)搾っているそうなので、またもらいにおいでと言われております。

飲んでるだけでは、おっつかないよね~。何作ろうか?と農家の奥さんともはなしています。今日は、このミルクでパンケーキを作ったら、なんだかいつもよりふかふかで美味しかった!!やっぱり、ミルクを替えるだけで違うんだねぇ。

Rosy の絞りたてミルク


とりあえず、こんなビンに入れて生クリームを作ろうかと。それで、バターを作ろうかな~なんて。

そのうちチーズとか作りたい!!!




まるで、マザー牧場(笑)
のクリックしていってくださいな


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ



Comments 2

hilo  
とりあえずさ、

カッテージチーズみたいなもの作ってみたら?
簡単に作れてうまいよ。牛乳余りそうな時にたまに作ったりする。

牛乳…900ml
食酢 or レモン汁…50ml
塩…少々

1.牛乳を50~60℃に温めて、酢またはレモン汁を加えて軽く混ぜる。しばらく置くと固まり(チーズ)と液体(乳清)に分離するから、そのまま10分くらいおく。

2.ざるとかでこして乳清を切る。乳清は栄養たっぷりなので、スープやみそ汁などで使ってもいいらしい。

3.水分を切るだけで十分だと思うけど、酸味が気になる時はさらしにくるんで、水の中で振り洗いして軽く絞るそうな。食べるときに塩を軽く混ぜる。

お試しあれ!

2010/05/02 (Sun) 11:31 | EDIT | REPLY |   
えま  
やってみたよ~

>hiloちゃん

やってみたよ~。
詳細は、今日の記事で!

2010/05/03 (Mon) 20:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
アメリカでの専業主婦生活、意外と楽しんでいる自分にビックリ。 2008年1月生まれの長女Kと私の日常。時々旦那
About me
アメリカ中西部に住む専業主婦。昔はなりたくないと思っていた専業主婦も、なってみると私に向いている事が発覚!いろんなものを作るのが楽しくて仕方がありません。

2014年に小さな農家を購入し、肉牛を育てています。

旦那、私(えま)、2008年生まれの娘(K)の三人暮らし