アメリカでの専業主婦生活、意外と楽しんでいる自分にビックリ。 2008年1月生まれの長女Kと私の日常。時々旦那
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雪、怖かったり楽しかったり。
ここのところ、毎週おそってくるストーム。私たちの住んでいるところは東海岸ほどひどくないけれど、やっぱりかなり雪が降っております。まぁ、私はそんなに雪は嫌いじゃないんですけどね〜。

雪景色


家から見える雪景色も綺麗だし。


でも、この二週間ほどは違いました!!

旦那が出張だったのです。。。ということは、Kの毎日の送迎は私!大雪だったら学校は休みだけれど、それ以外は私が運転していくってことです〜〜!作冬は、スクールバスで学校に行っていたので、そんな事気にしてなかったんですけどね。。。

雪道


雪が降ってすぐは、こんな感じ。。。まぁ、スノータイヤ(スタッドレス)をはいてますけどね〜。ハンドル取られたりとか、ちょっと滑ったりはしょっちゅうです。でもそれって慣れなんですね〜〜。あまり速度を出さないこと、急ブレーキ急ハンドル急加速はしないことなんかを守っていれば、そう怖いことはおきないものです。

でもね、でもねーーー。一番怖いことがあったのです。それはこの坂!

ツルツルの坂


うちの敷地を出てすぐにある坂なのだけれど、この坂をまず登るんですよ。でもね、この道、融雪剤まいてもらえないんですよね。。。砂利だけ。。。しかも、かなーーーり後回しになるマイナーな道なのです。まぁ、雪が積もってる時はいいのだけれど、固まって硬くなって。しかも、ちょっと溶けて、また固まって。。。なんて繰り返すと。写真の右端のように、質の悪いスケートリンクみたいになるんです!で、一回、自分の車で登れませんでした。。。スノータイヤなのに。。。

これが、怖くてねー。いや、登れないことはいいんですよ(あんまり良くないけど)。でもね、「登れなくて、Kを学校に迎えに行ってあげられなかったらどうしよう」っていうのが怖くてねー。うちにはトラックもあるんだけれど、それなら4WDなので(かな?)登れるんです。でも、旦那がトラックで出張に行っちゃってねーーー(北のほうにいきましたので。。。)。「迎えに行けないかも」それが一番恐怖でした。

なので、「溶けてまた凍りそうな日」つまり、晴れで氷点下になるかならないかの日には、朝Kを送ってからお出かけをすることにしました。とにかく、問題はこの坂だけなので!そしたら、気持ち的には良かったかな〜。体力的にはちょっとつらかったけども。。。

まぁ、なんとか二週間を乗り切りました!!良かったーーーー!次回の冬までには、4WDを買いましょう

そして、旦那が帰ってきた翌日には、こんな感じにーーー。

ホワイトアウト!


何も見えないー!まさに吹雪です。旦那がいる時で良かった。。。

猫もびっくり


こうなるちょっと前にトイレに行ったらしいくーちゃんは、必死で戻ってきた様子(笑)。デッキから何も見えなくなったことに、唖然としている様子。。。びっくりだねー。

ソリは楽し!


でも、雪がやんで晴れてしまえば、家の前でソリです!これはこれで楽しい〜〜。



春はいずこ。。。
のクリックしていってくださいな



にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ


スポンサーサイト
Supportするという事
今日、Kの学校は「学校に帽子をかぶっていっていい日」でした。

学校に帽子をかぶっていってもいい日
あ、床に置いてある電話は気にしないでください。。。


アメリカの学校に良くある「何かを着ていく日」とは違います。今日は、キンダーガーテン(幼稚園・義務教育で小学校に併設)の女の子をサポートする日だったのです。

その女の子は、多分病気治療のための薬の副作用で、髪の毛がありません。なので、毎日帽子をかぶって学校に通っているのです。その女の子のために$1寄付をしたら、学校に帽子をかぶってきてもいい日という事になっていました。「何かに寄付」というのはアメリカの学校ではよくある事だけれど、こういう具体的な事に対しては大歓迎です。寄付はおまけみたいなもので、その事柄や人に対する理解を深めるきっかけになるからです。

Kは越境通学なので、私か旦那が毎日学校まで送り迎えをしています。なので、そのキンダーガーテンの女の子には気がついていました。「きっと病気なのだろうなぁ」と。でも、その事についてあえて子供と話すチャンスというのはあまり無いのです。だけど今回の事で、「きっと病気でそうしなくてはいけないということ」「みんなが今日帽子をかぶってきてくれたら、がんばってねと言われているようでその子も心強いのではないかということ」「きっと、自分だけ帽子をかぶっていくのは嫌かもしれないということ」などをKと話しました。いろんな家庭でそんな会話があったと思います。Kに「キンダーに帽子をかぶってる子いるでしょ?」と聞いたら、「あー、いるね〜」と即答だったので、子供達の中でも気になってたに違いありません。本来なら、学校で帽子はかぶってはいけないので「あの子だけ、なんで?」って思っていた子もいるかも。なので、本当にいいチャンスだったと思います。

今日Kを迎えに行ったら。。。
いつも、下校時に校長先生からの一言みたいな放送があるんだけれど、その時に校長先生も「みんなのサポートをありがとう!」と言っていました。そして、最後にその子が「Thank you!」と!!!!不覚にも私泣いちゃいそうになりましたよ。。。

その子の気持ち、親御さんの気持ちや努力なんかを考えると、とっても切なくなるし涙が出てきてしまいます。でもでも、こんな風にみんなで「がんばれ!」と言ってあげることで、少しでもその気持ちが和らぐならいいなぁと思うわけです。

一人$1という少額だけれど、全校生徒だと結構な金額。それもサポートになると思うけれど、やっぱりみんなが「その子のことを理解する」という事が一番のサポートになるんじゃないかなと思ってます。こんな風にサポートしようという発想になるのは、アメリカのいいところかもしれません。


ほんと、頑張ってほしいね。
のクリックしていってくださいな



にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ





一気に二月
あっという間に一月が終わっちゃいましたね。。。

二月にしなくちゃいけないこと、一気に片付けていっております。

お雛様15


まず、お雛様を出しました!出す時期は「立春を過ぎた大安」とか「雨水」とかいわれてますが、せっかく出すのだから長く飾りたい。ということで、今年は早めに〜。去年は「立春過ぎの大安」に体調を崩してしまって、すごい短い間しか飾れなかったのが悲しかったんですよ…。Kがほとんどやってくれるので、楽チンになりました。

第49回 スーパーボウル のご飯


そして、二月のお決まりスーパーボウルテレビ観戦。毎年スーパーボウル用の晩ご飯を作ります。今年は、友達の家から買ったベビーバックリブがメイン!

オープニングの国歌斉唱は、(アナ雪でエルサの声をやった)Idina Menzelで、「エルサの声だ〜!」と娘も大興奮。でもね、変なアレンジとかいらないんだけどな。国歌斉唱はシンプルに歌い上げてほしいです。

試合の方は「New Enagland 対 Seattle」という、ちょーーーー下馬評通りの顔合わせで、わたし的にはイマイチ。でも、なかなか面白い試合でしたよ〜!最後の終わり方なんて、劇的でした。まぁ、どちらのファンでも無いので笑って見てられるんだけどね。

恵方巻き 15


そして、ちょっと早いですが恵方巻きを食べました。でも、Kは「細巻きの納豆巻き」まぁ、良いのです。こんな習慣、私たちが日本に住んでいる頃はまーーーーったく馴染みがなかったんだもの。。。でも、「立春」という考え方が、なんとなーーーく話題になるような事があれば良いなぁと思っているのです。今年は西南西を向いて食べました。

ちょっとずつ春に向かっているのを感じる今日このごろ。明らかに活動している動物が増えました。ねずみ、鳥、ウサギなんかです。そして。。。雨が降るようになってきました。先週末、アメリカ中西部は大雪だったんだけれど、うちは若干南なので雨。。。でも暖かいわけじゃないので、降って全て氷になりました。うちの前、アイスリンクみたいになってます。

なので。。。
アイススパイク スノーシュー


こんなスパイクみたいなのを、長靴に着けて歩いてます。これが無いと転びまくりです。。。敷地内にちょっと急な坂があるんだけれど、車で登れない時もあったりして。。。スノータイヤ(スタットレス)はいてるのにですよ〜〜。これからは、氷との戦いになりそうです。


怪我注意!
のクリックしていってくださいな



にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ


プロフィール

えま

Author:えま
アメリカ中西部に住む専業主婦。昔はなりたくないと思っていた専業主婦も、なってみると私に向いている事が発覚!いろんなものを作るのが楽しくて仕方がありません。

2014年に小さな農家を購入し、肉牛を育てています。

旦那、私(えま)、2008年生まれの娘(K)の三人暮らし

最近の記事・コメント

カテゴリ

トラックバック
--*--

カレンダー

01 ≪│2015/02│≫ 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。