アメリカでの専業主婦生活、意外と楽しんでいる自分にビックリ。 2008年1月生まれの長女Kと私の日常。時々旦那
くるみ割り人形のパジャマパーティー
Kの通っているバレエ学校で、パジャマパーティーがありました。

アメリカでは、習い事や学校ですぐ「ファンドレイジング(寄付集め)」をします。なぜこういう文化なのかいまいちわからないんだけれど、いろんな形で寄付を募るのです。何かを買うと売上の一部が学校にいくとか、少し高めのお金を払って何かに参加して、残りの金額は寄付にまわすとか。。。そんな感じです。バレエ学校は本当にこのファンドレイジングが多い!それだけお金がかかるんですよね。。。このパジャマパーティーもその一環です。

バレエのパジャマパーティー


会場はこんな感じ〜。大人のパーティーみたいに、ちゃんとテーブルが用意されています。さっすがー!この場所はバレエ学校の建物や美術館とつながっている場所で、いろんな催し物が行われる場所です。以前ここにKと「子供のためのオーケストラ」を聞きに来たことがあります。でも、その時とは全く違う雰囲気!馬の像はピンクですよ〜〜。

クララの一家


このファンドレイジングは、12月に行われる「くるみ割り人形・The Nutcracker」のためのものです。なので、そこに出演するキャストのお兄さんお姉さんも参加しています。もともと、くるみ割り人形のお話は、上の写真の女の子/クララの家でクリスマスパーティーが行われた後に起きたことになっているので、そのクララの家のパーティーに行っているという設定なのです。弟のフリッツやお父さんお母さんも一緒に。

雪の女王と


Snow Queen(雪の女王)と一緒に。このお姉さんは、いつもKのクラスで先生のアシスタントをしてくれているお姉さん(アシスタントをすると、授業料が少し免除になったりするらしい)。その「よく知ってるお姉さん」が、素敵な衣装を着ているのでKもとっても嬉しそうでした。

この他に葦笛、花の精などのお姉さんたちが勢ぞろいでした。でも、一番のSugar Plum Fairy(シュガープラムフェアリー/金平糖の精)は残念ながら登場せず。。。練習していたっぽいです。。。お話としては主役じゃないけど、踊りは主役ですからね〜、大変そうです。

食べ物もたくさん!

くるみ割り人形のクッキー


お菓子もたくさん〜〜。これは、くるみ割り人形のクッキー。とっても可愛いです。綿あめを食べたり、キャンディーを食べたり、やりたい放題です(笑)。まぁ、「夢のパーティー」なのでね〜、いいでしょう。この後、きちんとご飯も食べましたよ。パスタや、ピザブレッドなどでとても美味しかったです。写真ないけど。。。

その後は、ダンスタイム!

踊る踊る!


みんなでダンスフロアーで踊りまくりです。もう、こんな小さい頃からこういう事してるんだもんねぇ。アメリカ人、そりゃいつでも踊るよねぇ〜。私なんて、会場に入った時「この不自然に空いている空間はなんだ!?」と思っちゃったからね。踊る文化なんてありませんよ

お姉さんたちも、先生も、みーんな一緒に踊ってとっても楽しそうでした。昔は私が一緒に踊ってあげないとダメだったのに、自分からみんなと踊り始めたK。お姉さんになったなぁ〜、なんてシミジミ。

その後、くじ引きをしたりクラフトをしたりで、楽しい2時間を過ごして帰って来ました。子供達が楽しむパーティーって感じで、とってもよかったです。私もなんだか「アメリカだなぁ」って感じちゃいました。

参加者の半分くらいが、お父さんも一緒に来ていたんだけれど、そのお父さんたちのほとんどが居場所がない感じで笑えました。こういうパーティーは女の子のものだねぇ〜。


いよいよホリデーシーズンだ!!
のクリックしていってくださいな



にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ


早すぎでしょう
Kのお弁当を作るために、毎朝5:40に起きてます。その頃は、まだ真っ暗。明るくなり始めるのは6:30くらいです。で、今日明るくなったら。。。

農家で初めての雪


あ!雪!!!

そういえば、昨夜「雪が降る」と予報で言ってたんだったー。もしかしたら、学校がお休みって電話がかかってくるんじゃないかと思ってたんだった!すーーーーっかり忘れてました。隣の学区はお休みだったみたいだけれど、Kの学校は通常どおり。雪が降りしきる中、学校に行きましたよ。

去年は、Thanksgivingに雪が積もって「早すぎる!!」と言っていた気がするけど、今年はそれよりも早い。。。まだ、いろいろ外仕事でしなくちゃいけないことがあったのになぁ。来春まで持ち越しかもしれません。

でも、景色が綺麗だからいっか!!

Kもさっそく下校後に、旦那とソリをしておりました。雪があるときしかできないことを、楽しみましょう〜。



Keep warm!
のクリックしていってくださいな



にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
ブルーベルが咲きますように
我が家の周り、どんどん寒くなってきております。先週末からちょっと寒さがゆるんで晴れているけれど、今週半ばにはとうとう雪が降るかも!

それまでの晴れの時間は、外作業のための貴重な時間。周りの農家の人たちも大忙しみたいだし、私たちもあれやこれやと大騒ぎです。今日は、私の中での懸念事項だった、球根植えをやーーーーーっと終えました。

植えたのはこちら。

English Bluebell ブルーベル
球根を買ったBreck'sより


ブルーベル/English Bluebell。Kが学校かどこかで習ってきて「この花を植えたい!」と言いだしたものです。色も素敵だし、どんどん絨毯のように増えていくらしいので、そうしたら素敵だなーと思ったのでした。

でも!これはEnglish Bluebellなのですよ。いろいろ調べてみると、「イングリッシュ」ブルーベルと「スパニッシュ」ブルーベルがあるらしいのです。この二種は交配しやすく、交配が進んでいくとどんどん「スパニッシュ」化してしまうんだって。上の写真は色が薄く見えるけど、「イングリッシュ」の方は、もっとラベンダーやムスカリみたいに濃い紫なのですよ。

しかも、イギリスでは保護種になっているらしく、自分の敷地に生えているブルーベルを持ち出したり、球根を売ったりしてはいけないんだそうで。。。そんな球根が、アメリカで簡単に手に入るわけもなく、探すのにも時間がかかってしまいました。


そして、通販で買ったのですが、もう一つ問題が!
あまりにグラウンドホッグやら、ネズミやら、モグラやらが出るのですよ!鹿とか、リスとか。。。球根は、彼らの大好物のエサなので(もぐらは肉食なので、食べないらしいけど)。なので、まずそれを退治するところから始まったわけです。まぁ、とりあえず、グラウンドホッグと、モグラを旦那にやっつけてもらいました。で、その他の動物から球根を守る手段を調べたりしておりました。

で、結果。。。

チキンワイヤーでカバー


球根を植えた後、チキンワイヤーで覆いました。こうしたら、掘られてもなかなか球根に到達できない、らしい。。。ホントか?

ここに5個


で、土をかけた後、枯葉などで覆いました。
私が読んだものによると、リスとかは掘り返された柔らかい土を掘り返してみるらしいです。「他の動物が、なんか良いものを隠したんじゃないか?」って思うらしい。なので、葉っぱとかをかけておくと土が柔らかいかどうかが見えにくいので、いいらしいんですよねー。人間がみたら「何かありそう」な感じなんですけど。大丈夫でしょうか。。。

この木の根元に5個。

ここに10個


この木の根元に10個の球根を植えました。さてさて、来年の春が楽しみです。ここは、入り口のゲートを入ってすぐの場所なので、ブルーの花が咲き乱れるようになったら嬉しいなーと思います。



掘るなよ!


私が作業している間、ずっとちょっかい出していたくせに、写真を撮ろうと思ったら遠ざかるやつ。掘り返さないでよ、頼んだよ!



芽が出るといいねぇ〜
のクリックしていってくださいな



にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ



亡くなった人を語る
みなさんご存知の「ほぼ日刊イトイ新聞」。始まった頃から読んでいます。あれは、日本で仕事をしてた頃だったなーーー。「ほぼ」とか言って、ずっと続いているのですごいです。

最近は毎日見ることはないけれど、一昨日みたらトップページにこんなことが書いてありました。トップページは、毎日新しくなって読み返すことができないので、ここに残しておこうと思います。

亡くなった人のことについて、亡くなったタイミングで、なにか言うのはむつかしい。たぶん、事実としては亡くなっているのだろうけれど、じぶんの思い出のなかに、まだ、その人の死が入っていないのだ。
 
生きていることにして語るわけにはいかないし、まだ、亡くなったことがこころに居場所をつくれてない。そういう時間があるものだ。「あの人は、もう亡くなったんだ」と、何度か感じることが重なって、その人は、ぼくのなかで思い出になる。

それまでの間、その人の死は、おそらく「ニュース」なのだという気がする。「ニュース」に対して、なにかを語るのはむつかしい。起こったばかりのことについて、考えるのはむつかしい。考える前に、思うことや感じることも、まだ少ないから、語るのは、もっとむつかしい。ある人が亡くなったという事実は、その事実が感じさせ、なにかを思わせる時間を経て、なにかのことばを生み出す。そういうものなんだと、いまさらぼくは整理している。
 
だから、というと言い訳のようだけれど、ぼくは誰かが亡くなったという事実について、コメントすることがほとんどない。じぶんが、そのことについて言いたくなったときに、じぶんの言いたい分量だけ言えばいい。コメントを言う職業でないのだから、それでいいと思う。




糸井さん。さすが、言葉にならないことを言葉にする仕事をされているだけあって、すごいなーと思った。この文章に元気付けられる人は、たくさんいるに違いない。

そうだよね。
のクリックしていってくださいな



にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ



猫が可愛い
うちにいる猫は、Farm Cat(ファームキャット)と言われる外猫です。今住んでいる農家を買った時に、ついてきました(笑)。

小さい頃モルモットを飼ってすぐに死なせてしまった私は、その後怖くて動物を飼ったことがありませんでした。で、急に二匹の猫を飼うことになったのだけれど、これが可愛い〜〜!!だんだん気を許した姿を見せるようになってきて、お腹を見せてその辺で寝ていたりします。私がそばに行っても起きなかったりとか。。。で、どうにか可愛さを写真に収めたいと思うようになってきました。

で、撮ろうとすると。。。

あ、こっち来なくていいのに


寄ってくる!!とくにこのクーちゃんは好奇心が強くて、何か新しいことをしているとすぐに寄ってきます。

なので、遠くから撮ってみます。

こっち向いたり。
こっち向いたり


あっち向いたり。
あっち向いたり


この姿勢でコックリコックリと居眠りしていることが多いのだけれど、その姿はなかなか写真に収められません。。。可愛いんだけどなー!

あっち向いたり


仕方ないので、デッキの椅子で寝ているところをガラス越しにパチリ。うーーん、イマイチ。

可愛いペットの写真をブログに載せてる人っているけど、きっとすごいいっぱい撮ってるんだね。もしくは、必ずカメラを携帯してるとか??いつか、可愛い写真を撮りたいな〜。

あ、もう一匹の猫はさっちゃんと言いますが、ちょーーーー怖がりで、私たちも実際会うまでに3週間かかりましたいまだに怖がってます。でも、旦那のことは好きらしく、旦那が行くと寄ってきます。不思議。写真を撮るにはまだ至ってません。

二匹ともファームキャットなので、ネズミなんかを退治してもらうのが仕事です。二人とも結構働きます。クーちゃんは鳥を、さっちゃんはネズミをとるのが得意っぽい。頭や内臓なんかが残してあるんだけれど、それもなんだか可愛い!よくがんばったねーーー、と褒めちゃいます。

旦那が猫嫌いなので家の中には入れてないけれど、私だけだったら家の中に入れてただろうなーーーと思ってます。絨毯の上で戯れたいわ!!

これからのシーズン、膝の上に乗って欲しいなー!
のクリックしていってくださいな



にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ


プロフィール

えま

Author:えま
アメリカ中西部に住む専業主婦。昔はなりたくないと思っていた専業主婦も、なってみると私に向いている事が発覚!いろんなものを作るのが楽しくて仕方がありません。

2014年に小さな農家を購入し、肉牛を育てています。

旦那、私(えま)、2008年生まれの娘(K)の三人暮らし

最近の記事・コメント

カテゴリ

トラックバック
--*--

カレンダー

10 ≪│2014/11│≫ 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム