アメリカでの専業主婦生活、意外と楽しんでいる自分にビックリ。 2008年1月生まれの長女Kと私の日常。時々旦那
Promposal/プロムポーザル
友達の娘さん(高校生)と、Instagramでフォローし合ってるのですが、最近プロムに関する投稿が増えてきました。そういう時期なんですね〜〜。

で、このプロムというパーティには、男の子からでも女の子から誘うんでも良いのだけれど、男女二人で参加するのが基本らしいのです(付き合っていなくても可)。そしてこのタイミングが「告白のタイミング」としても使われているらしいんですよね。まぁ、それはなんとなく知っていました。Prom Proposal(プロムへのプロポーズ)を略してPromposal(プロムポーザル)とも言うらしい。知らなかった!!

そしてもっと知らなかった事は、このPromposalが結婚のプロポーズと同様に大変派手に行われているらしいという事!#Promposalで検索するとすごい数の画像が出てきて驚きます。

個人的に気に入っているのは、これ。

I know its cheesy


"I know it's cheesy"というcheesyには「チーズがいっぱい」という意味と「ありふれた」とか「古くさい」とかって意味があります。その二つをピザとプロムのお誘いにかけてるんですね〜。面白い!

馬でプロムへのお誘い


こんなのもありました。これは、うちの周りなんかでは特に行われているんじゃないでしょうか体育館にボールを置いて「PROM?」と書いたり、それはそれは派手にやる子もいるみたいです。

アメリカ人が(結婚の)プロポーズを派手にするのは有名だけれど、こんな若い時から培われてきている価値観なんですねぇ〜。

私も一度くらいプロムに出てみたかったなぁ〜、と思うのでした。Kもそのうち、ですね。



若者は(笑)、楽しそうねぇ〜〜〜
のクリックしていってくださいな



にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

英語のリーディング
先日はKの日本語の勉強状況を書いたので、今日は英語の勉強状況など。

アメリカの学校では、とにかく「本を読むように!!」というのを言われます。Kの学校でも「自分で読んでもらっても自分で読んでも良いので、毎日一冊は家で本を読むように」と言われています。4日に一度「図書室の時間」というのもあり、そこで本を読んでもらって、自分たちで好きな本を探したりもしているようです。

クラスでも、レベルごとに分かれて先生と一緒にReading(リーディング)をしています。まだ単語を読むのがおぼつかない子から、簡単な本ならスラスラ読める子まで読解力は様々です。

Kは実はクラスの中で一番で、秋の面談の時点で「Readingの授業は一年生のクラス(一つ上)で受けさせたいと思っている」と先生に言われました。なので「本人が良いと言えば、問題ないです」と答えていました。アメリカでは飛び級制度なんかも当たり前にあります(当然逆の留年も、幼稚園からあります)。できる子をどんどん伸ばすのはとても良い事だと思う反面、なんだか「エリート意識」を増長させる感じもしていました。でも先生とお話しした時にとても感じたのは「ずっとチャレンジし続ける事が、勉強である」という考え方なんだなという事。「Kをずっとチャレンジさせ続ける事が私のチャレンジだ」とおっしゃってました。日本なんかだと、「全員ができるようになるまで、皆で協力してがんばる!」とかってかんじだったような気がします。それよりは、私としては「皆がチャレンジする!」という方が良いなぁと思ったりします(まぁ、その弊害もある訳ですが)。

Kは英語はすごくできるし本を読むのも大好きだけれど、できるだけ話さないようにするタイプ。なので、先生とのReadingでも、読解力をうまく計る事ができなかったようです。分かっているのかもしれないけれど、質問に答えない(あるいは答えられない)。本についてディスカッションをするというのは、本が読めるようになった子達にはとっても大切な授業内容らしいです(日本でも、読書感想文あるもんねぇ〜)。なのでKは少しレベルを落として、クラスのもう一人の子と(結構Kと仲良し)先生と三人でReadingの授業をするようになりました。この一緒にReadingをしているMちゃんはすごくオープンな子(おしゃべりともいうw)で、とても刺激されているようです。Kも少しずつ本についてディスカッションできるようになってきた様子。一つ上の学年へは行かせないという先生の判断は、正しかったと思っています。この辺の判断が先生任せになってしまうので、良い先生(相性が合う先生)と巡り会えないと大変だなぁと思ったりもします。

Kは、かなーーーーーーり学校でReading頑張っているようで、家では自分では音読をしたくないと言うようになってしまいました。昔は声に出して読みたくて仕方が無かったのにね。。。最初は無理矢理音読させていたけれど、「学校でかなり頑張っているのだろう」という事に気がつき、無理強いをしないようにしています。

家でのReading用の本は、相変わらず図書館へ借りに行っています。どんなに借りても、全部読んだ本になるってことはないね〜〜、すごい(当然か)。あれを借りよう、これを借りようと二人で本を一緒に探す時間も楽しいです。何より嬉しいのは、面白い本に出会ったときは、ついつい声に出して読みたくなるらしい事ですそういうの、大切ですね〜〜。今日の「ついつい音読しちゃう本」はこれでした。

Open this little book


"Open This Little Book" これは楽しい仕掛けがあって、中を開くと〜

中に小さい絵本が!


小さい絵本が入っています!そして、その絵本を開くと。。。というようにどんどん絵本を開いていく仕組みなのです。とても楽しく、ついつい読んじゃうみたいです。

そしてやっぱり、Dr. Suess(ドクター・スース)の絵本を読むのが楽しいらしいです。彼の絵本は韻をふんでいる言葉が多く、声に出すのが楽しい〜。
There's a Wocket in My Pocket!


"There's a Wocket in My Pocket! " が今のKの一番のお気に入り。「これでもか!!」ってくらい韻をふみまくりです。

この韻をふむ(英語でRhyme)は、どうして英語圏の人がここまで気にするのかと疑問に思っていました。学校でも本当にたくさんの事をこのRhymeで教えるし、英語の歌だってRhymeの物が多いです。この間旦那と話していたのは、日本の「五・七・五」みたいなものなのかね、という事。とにかくそれにピッタリはまると気持ちいい!という。。。だから、Kもすごく楽しいんでしょうね〜〜。

Kに読ませると、数ヶ月前より格段に上手くなっている事にビックリ!私に読ませるより、自分で読んだ方が上手じゃないかっていう位 やっぱり学校ですんごい頑張ってるんですね〜〜。

ちなみに、読解力(しゃべり力)を抜きにしたKのReadingのレベルは、二年生の後半レベルくらいらしいです。Scholasticという会社がReading Levelの基準を作っており、それに合わせて進行しています。すごいなぁ、頑張ってるなぁ!!

実はPre Schoolに入るときの面談では、一言も話さなかったK。Kindergarten(キンダー)の面接でも一言も話さないのではないかと心配していました。そんな両親の心配をよそに、面接できちんと応対したらしいK。そして、先日は自ら進んでクラスのみんなの前で本を朗読したそうです。ホント、成長しております〜〜。

本を読むのと音楽がとても好きらしいので、これからもどんどんチャレンジして力を伸ばして行ってほしいです。上手にサポートして行ってあげられると良いなぁ〜と思います。



_*-_*-_*-_*-_*-_*-_*-_*-_*-_*-_*-_*-_*-_*-_*-_*-

借りてきた本を本棚に置く


図書館から借りてきた本をこんな風に本棚の一画に置いて、自由に読めるようにしています。一番左の本は、英語の本じゃないけどね〜。



Way to go!頑張ってるね!
のクリックしていってくださいな



にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
セルフィー。。。難しいねぇ〜
2013年、アメリカ流行語大賞だった(そんな賞無いけど)、Selfie(セルフィー)、やってみました。

カーディガン


なんか、イマイチ。。。まず、姿見の周り片付けらんないし。どの角度から撮ったら一番良いのかもイマイチ。。。そして、若者達のようにノリノリで撮れないため、ポーズもイマイチだしねぇ。。。年なんだねぇ。。。

セルフィーが撮りたくてしたんではなく、作ったラップカーディガンを見てもらいたくて撮ったのでした。

ニット生地で作ったカーディガン。切りっぱなしなので一時間くらいでできちゃいました。ただ、丁寧に切っていないので、良ーーく見るとギザギザな切り口なんだけどね。でも着やすくって合わせやすくって、このシーズン早速重宝しております。他の生地でも作りたーい!!作り方は、英語ですがこちらです(diy maternity)。元々はマタニティー用のカーディガンとして作られたみたいです。面白い生地の切り方をします。

時間を作って、ちょこちょこと作り進めております。今「作りたい物リスト」の5番目が進行中です。次回はもっとセルフィー練習しておきます



春にはカーディガンですなぁ。
クリックしていってくださいな



にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
初めてのラブレター?
ちょっと前の事になりますが、Kがこんなものを持って帰ってきました。

ラブレター?


朝の自習の時間にやるプリントの裏に書かれたハートの絵。まぁ、こんな絵はしょっちゅう書いているのですが、この絵がいつもと違う事は、クラスメイトの男の子Pくんのプリントに書かれた絵だということ!

「どうしたの〜?」と聞いたら、Pくんにもらったのだと。KはPくんに緑のハートを書いてあげたんだそうな。

母は心の中で

「きゃ〜〜!ラブレターじゃんっっ!!」

でしたよ。でもまぁ知らないふりして「おとんにも見せてあげたら?」と聞いたら、「ううん、見せない」と言って大事そうにファイルにしまい込んでおりました。

クラスに手伝いに行っている時も、Pくんとやたら仲が良いなぁと思っていたんですよ。やっぱり仲良しなんですねぇ〜。どのくらい「異性として好き」って感情があるのかわからないけど、可愛いです。そして、ませてるな〜〜なんて。。。私は幼稚園の時「男の子を好き!」なんて思った事無かったなぁ〜。

当然(!?)夜に旦那にもこっそり見せてあげました。半泣きでしたよ きっと「おとうさんが一番!」なんて思うのは、あと数年なんでしょうねぇ。。。頑張れ旦那!!!



かわいいねぇ
クリックしていってくださいな



にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
漢字の勉強と書写
現在のKの日本語勉強の状況です〜。

ひらがなとカタカナは書くのは怪しいときもあるけれど、きちんと読み書きができるようになってきたので、本人の強い希望もあって漢字の練習をしています。使っているドリルはこれ。



くもんの「やさしいかん字」です。絵もあったり文章もあったりして楽しいので、とても好きみたいです。見なくても読めたり書けたりする漢字が増えてきました。で、表のように貼っておいて何かのときに見られるのも大切だな〜とひらがなのときに実感しているので、ネットで探してこんな漢字表を貼っています。

1年生漢字表


ぷりんときっずさんより1年生の漢字表です。何かのたびに見たりして、どんどん漢字を覚えていっています。

でもね〜、普段「日本語を書いていない」というのは、とても大きい事のようで、ひらがなとカタカナをあまり練習しなくなったら、書くときにひらがなとカタカナが混ざるようになってきてしまったんです。例えば「カレーライす」とかって、先に思い出した方を書いちゃうらしいんですよね〜。まぁ、日本語を自分から書いて遊んだりしているのは、とっても良い事なんですけど。

いろいろ考えたりしていたのですが、日本では「書写」って授業ありましたよね〜?昔は「硬筆」って言ったかな!?習字を習う前に鉛筆だけできれいに文字を書く練習を、学校でもしていた気がします。そういう「字を見て写す」という練習もした方が良いのかな?と思い始めた訳です。学校では(当然だけど)英語しか書いてないですからね。。。

なので、今は漢字にプラスして幼児の学習素材館でダウンロードさせてもらった、ひらがな練習もしています。これはなかなか新鮮で楽しいみたいです!!プリントアウトして練習し終わったら、ファイルに綴じて保存しています。その「たまっていく感じ」も良いようです!


あと考えているのは算数。できれば、九九は日本語で教えてあげられたらなぁと思っているんですが、どうでしょうね。。。



今はこの「たしざんおけいこ」で足し算の練習をしています。でもね〜〜〜〜、これっていわゆる「くもん式」。なので、大量の似たような計算をひたすらやらなくちゃいけないんですよ。一回分が60問!Kはやり始めればすぐに終わるんだけれど、これはやりたくないみたいです。漢字やひらがなの勉強はやりたがるのに!!

私も、いわゆる「くもん式」は嫌いなこどもだったので、その気持ちよーーーーくわかります。算数は何か他の方法を考えてあげなくちゃなぁと思っております。


海外に住んでいる日本人は、義務教育の年齢の間はお願いすれば日本の教科書がもらえます。Kもお願いしたので、もうすぐ届くと思います。それが届いたら、またいろいろ変わるかもしれませんねー。今のところ、英語力もとても伸びていて良い成績だし、日本語もどんどん伸びているので語学系のことは好きなのかもしれません。この調子で一緒に頑張って行けるといいなぁと思っています。


楽しく勉強していけると良いねぇ。
クリックしていってくださいな



にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
TGIF
TGIF!

fc2blog_20140405125032ea9.jpg


週末の酒盛り中(笑)。旦那は下戸なので、一人で〜。ビールを飲むと熟睡できなくて(酔っぱらうと眠くなるのにねぇ)次の朝辛いので、飲酒はできるだけ金曜日にしております。今までは子供が土日休みで家にいるから金曜日はブルーだったけど、今は土日だけ早起きしなくて良いので、TGIFと叫ぶようになりました。

ビールのお供は、最近見つけたこれ。

Donkey Chips


Donkey Chipsという名の、トルティーヤチップス。塩味が薄く、歯ごたえも良く、味もうまい!しかも、高くない!!と良い事尽くめのチップスです。HEINEN'S(若干高級スーパー)とかで売っているらしいけど、私が見つけたのは安売り八百屋。。。アメリカには珍しく試食が置いてあったのでKと試したら、「美味しい!!」という事で即購入。買い続けております。旦那にも好評。食べ始めたらとまりません。

魚の方は、これ〜。

Goldfish Puffs Mega cheese


Goldfish Puffsのメガチーズ味。アメリカではヘルシースナックとしておなじみの、ゴールドフィッシュ(魚の形をしたチーズ味のクラッカー)の新製品。なんとなーーく、安売りになっていたのでKの為に買ってあげました。Kは大変気に入っておりますが、こちらはまぁまぁって感じ。まぁ、焼いてある(Baked)らしいので、すっごいジャンクってわけでは無いようです。


週末の楽しい夜でした。



ビールが飲める幸せ
クリックしていってくださいな



にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ



115日分のお弁当
やーっと春の気配が感じられるようになりました。先週末雪が積もったときには、どーーーっと疲れてしまいましたが、もうそろそろ春もやってくるみたいです♪

暖かくなってくると、「一学年ももうすぐ終わりだなぁ〜」という感じ(最近、春ではなく初夏が「学年の終わり」と感じるようになってきました)。K達は学校で毎日「今日で学校が始まって何日目」と数えています。今年は雪で学校のお休みが多くてなかなか100日目に到達しなかったけれど、2月の後半に「100日目のお祝い♪」なんてーのもやっていました。

子供達の成長も感慨深いけれど、私が感慨深いのはこれ〜。

115日分のお弁当


115日間、毎日休まずに作り続けているお弁当です!!

みんなで一緒にお昼を食べる日とか、欠席の日とか、早退の日があるので実際学校に通った日数より少なめです。そして、具合の悪い日は「たらこパスタだけ」なんてーー日もあります

自分のはげみの為に、毎日写真を撮り続けております〜。100日を越えたあたりで、自分でも感動してしまいました!!最初は早起きして作るのが辛かったお弁当も、今では生活の一部となりそうでもなくなってきました。お弁当の内容もだんだんと定着(マンネリ化?)してきて、うまく冷凍しておいたりできている気がします。

まぁ、かなーーーり周りの子達のお弁当と違うので、Kが「こういうのは入れてほしくない」という物は入れないようにしています。自分で説明ができない(したくない)ようです。定番は自家製ナゲット、トンカツ、ゆで卵(笑)、餃子、パスタなんかです。餃子は日本人でもお弁当にはなかなか入れないと思うのだけれど、Kの大好物なので「恥ずかしさ<おいしさ」で美味しさが勝ってるらしいです。

ちなみに、他の子達のお弁当はこんな感じです。

アメリカの子供の一般的ランチ


サンドイッチが市販のシリアルバーだったり、スナックがフルーツグミだったりします。。。ちなみにアメリカ人のほとんどが「フルーツ果汁グミ」を果物だと認識しています。笑うでしょ?最初に「フルーツ食べる?」といわれてグミを出されたときはビックリしました!!

まだカフェテリアのランチを食べた事の無いK。まぁ、本人が「食べたい!」という日まで食べさせなくてもいいかなと思っております。まぁ、以前も書いたように、スクールランチはすごい内容なのでね。。。

残りあと2ヶ月!!頑張っていきましょう〜!




もうちょっとなので、年度末まで頑張りましょう!
クリックしていってくださいな



にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

プロフィール

えま

Author:えま
アメリカ中西部に住む専業主婦。昔はなりたくないと思っていた専業主婦も、なってみると私に向いている事が発覚!いろんなものを作るのが楽しくて仕方がありません。

2014年に小さな農家を購入し、肉牛を育てています。

旦那、私(えま)、2008年生まれの娘(K)の三人暮らし

最近の記事・コメント

カテゴリ

トラックバック
--*--

カレンダー

03 ≪│2014/04│≫ 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム