This Category : アメリカンな事

American Girl Doll アメリカン ガール ドール

2016.09.16 *Fri*
今年の夏休み中いろんなことがあったけれど、後から全部書こうと思うと大変ですね(笑)。でも、特に書いておきたいことがもう一つ。それは、Kと一緒にAmerican Girl(アメリカン ガール)のお店に行ったことです!

American Girl の人形をご存知ですか?私は、アメリカに来るまでまーーーーったく知らなかったんですけど、こんな人形です。

KのAmerican Girl Doll


こちらのサイトで見ることができるけれど、いろんな肌の色、眼の色、髪の毛の色の子がいて自分と同じ(もしくは自分が好きな)ような人形をオーダーできます。18インチ(約46cm)と大きい人形で、小学校低学年から高学年くらいまでの子に人気があります。アメリカ人は「お母さんが、この人形を持たせるのが夢」みたいな人もいて、持っている子が結構います。

いろんな種類の人形


Kもお友達が持っていてとても好きになり、去年サンタさんにお願いしておりました。。。うちには、日本から来たぽぽちゃんもいるんですけどねぇ。。。まぁ基本的に「私たちがなかなか買ってくれないものを、サンタさんにお願いする」ようになっているので、仕方がないですね。。。そして、サンタさんにお願いしなくちゃいけないくらい、お高いのです!!!

。。。で、カタログも送られてくるわけですよ。

American Girl Catalog アメリカンガールのカタログ


そうすると、お店があるという事も知るわけです。「お店に行きたい!!」と言っても、私たちの答えは「NO」なのだけれど、そこでサンタさんに次ぐ強力な助っ人「おじいちゃん、おばあちゃん」の登場です ということで前置きが長くなりましたが、6月頭に旦那の両親が来てくれた時に、行くことになりました〜。

あ。。。せっかくだから、入り口で写真も撮ればよかったですね。。。忘れてた。

アメリカンガール店内


店内はこんな感じです〜〜。テーマ別にセクションに分かれております。人形と自分が同じ格好ができるように人間用の服も売られていたりして、すごいんですよ〜〜。義父母が「なんでも好きなの選んでいいよ〜」と言うので、何を選ぶかと思っていたら。。。

自分の人形にも、ピアスを開けてあげたい!と!!!

ヘーーーーーー!!!!
そうそう、実は店内にこんなサロンがあるんですよ。

サロンで待つ


ここで、髪型を変えてもらったり、ピアスを開けてもらったりします。ピアスはさすがに(笑)、奥の部屋に連れて行かれるのですが「怖くないわよ、ってハグしてあげて!」とか言って行くんですよ〜〜〜。ちょっと本当っぽいでしょ???

ピアスをしたアメリカンガールドール


こんな風になって、Kは大満足でした〜〜〜。その他は、こんなものを。

Kのセレクト


靴、三つ編みのヘアバンド、ヘアブラシです。靴は、人間の靴のように靴箱に入っているところが良いですね。私はKが「いろんな洋服が欲しい!」と言うかと思っていたので意外でした。でも確かに洋服は廉価版のものがスーパーとかでも売っているのです。それよりも「ここでしか買えない」というものが良かったんですね〜。

ここでしか、といえば。。。こちらのトイレ!!

トイレも人形と一緒


人形をかけるフックが付いているんですよ〜。ほとんどの子が自分の人形を連れて来ているので、トイレに一緒に行っても困らないようになってるのです。さすが!!

Kはこちらにあるレストランにも一緒に行ってみたいらしいけれど、行ける時がありますかねぇ〜〜〜。


画像はこちらのサイトよりお借りしています


こんな風に、人形も一緒に食事ができるんですよ。。。うーーん、すごいですねぇ。。。日本でもやればいいのに、「ぽぽちゃん食堂」(笑)

私はアメリカで育ったわけではないので、Kに初めて教えてもらった世界って感じです。まーーーー、いつまでこの熱が続くのかは知らないけれど、お友達と楽しそうに遊んでいるのでいいかなぁ〜〜〜。

そういえば、私も昔モンチッチを持っており、お年玉とかでせっせと衣装を買っておりました。あれ、捨てちゃったんだろうなーーー。勿体無い。。。Kのこのお人形とグッズは、大人になるまで取っておいてあげようと思います。(こんなことだから、断捨離とは無縁です 笑)


ザ女の子だよね〜
のクリックしていってくださいな


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

大雪で停電 三日間

2016.02.21 *Sun*
先週頭、私たちの住んでいる地域では大雪が降りました。もう、前日から「10インチ(25cm)降るかも!」とか天気予報は言っていて、娘の学校も前日夜には休校が決まっていたくらいです。

でもまー、大雪はよくあることなので、そんなに気にしていなかったのですが。。。気温は割と高く湿っていたらしく、とーーーーっても重い雪だったのです。

重い雪


朝起きたら、木々はこんな風でスゴーーーーイ雪が重い感じ。いつもはサラサラの雪で雪合戦ができないくらいの感じなのに(雪で玉が握れない)、キュッと握ったら固まるくらい重い雪でした。

snow1602.jpg


あれ?うちに、牛がやってきた話って書いたんでしたっけ??もしかしたら、新たに「農家ブログ」を立ち上げて書こうと思っていて、そのまま放置していた話題だったかも??去年の終わりに、三頭牛がやってきています。

牛用にはっている電気フェンスの上にも雪が積もって、こーーーーんなふうになっちゃったりして。。。

で、朝一番、私たちが見たものは。。。いるはずのない場所で、はしゃいで走りまわっている牛たち。。。です!!モーーーー(シャレではない 笑)それだけでびっくり!!まぁ、フェンスが上の写真みたいになっちゃってたので、いつもと違うところに出てみたみたいなんですけどね。

snow1603.jpg


こんな雪だし!!

snow16orchd.jpg


果樹の数本は折れちゃってるし!!他の木は、もっともっと枝が折れちゃってるしーーー!

snow166in.jpg


測ったら、10インチまではいかず6インチ(15cm)でしたけどね〜〜。


。。。。。この後、旦那を手伝おうと外に出る瞬間に、「ピーーーー」っと電子音がしたんですよ。。。何かな〜と思って部屋に戻ると、

停電!!!


まーーー、日本と違ってアメリカは停電が多いので、「そのうち復活するだろう」と最初は気にもとめていなかったのですが、大雪の時なので一応電力会社に報告の電話を。すると。。。

「今、3000件くらい停電中なの。順番に対応していくから、待っていてね」

だって!!!いや〜〜〜〜な予感。。。なので、すぐに「水を確保!」と思い、バケツなどに雪を溜め込んで部屋の中に入れました。

雪で水を作る


その日は夕方になっても電気が復旧しないので、街に偵察に行ってみることに。。。でも、街はいたって普通!電気もついてるし、特にみんなが食料品や水を買い漁ってる様子でもない。まー、それはそれで「街に行けばなんでも買える」って事で安心なんだけれど、そうなってくると「電線が切れた」とかそういう理由での停電なので、結構時間がかかりそうだなーと思ったのでした。

最終的に、丸三日電気が使えませんでした うちは井戸水を生活用水にしているので(この辺ではそれが普通)、井戸水をくみ上げるのは電気ポンプ。なので停電になると、水道も使えません。これが一番辛かったかな〜〜。暖房は灯油ストーブがあるので問題なかったけど、敷地内にもう一つ家があってそちらの家を温めるのに(旦那が)頭を悩ませました。水道管が凍ると破裂するのでねーー(実は、もう凍り始めていたので、また大変だった)。ついでに言うと、うちは携帯の電波が弱いので電波を拾うアンテナをつけてます。それも電気がなくてはダメ。。。なので、携帯もネットも通じないという、なんだかもう!な感じにもなったのでした。(家電はつけててよかった)

しかも、地域的に災害だったわけじゃないので、Kの学校は普通にあるし習い事も普通にありました。まーーー、外に出てる時は停電じゃないので気分転換にもなったわけですが。お弁当をどうするかとか、最初は悩みました〜。


停電の時にしてた事を箇条書きで。

*手は水で洗わず、ハンドサニタイザーで消毒
*トイレは小の時は流さない(紙はゴミ箱へ)。大の時だけ流す(水は雪解け水。その後池から水を汲んでくるようにしました)
*食器類は使い捨てのものを使う
*大人はシャワーを我慢。Kの髪の毛を一度だけ洗ってあげました。2ガロン(約8L)のお湯を使用。その時に、お湯を使ってタオルで体を拭きました。
*食べ物は、基本的にカップラーメンなど。でもだんだん長引いてきたので、以前どこかで読んでいた「Ziplocでご飯を炊く」というのをやってみました。これが意外に美味しくて、気持ちが上向きになりました。

ジップロックでご飯を炊く


一合のお米と180ccから200ccの水を袋に入れ、30分以上浸水させます。で、沸騰しているお湯に入れて30分。これだけ〜〜。

ビニールでも意外に炊ける


意外に美味しく炊けるんです!研ぐ水も使わないし、お湯でレトルトとか缶詰を一緒に温められるし、他の事にも使えるし。すごい良かったです。

でも、四日目に突入した時は、「もう勘弁してーーー」って感じでした。頭もかゆいし。何より、もう気分が沈んじゃうんですよね。。。近所の街に行けば何でも手に入る、最悪ホテルに泊まりに行こう!って思えることが何よりの救いでした。逃げ場が無い災害の時なんて、本当に辛いんだろうなぁ。。。と思いました。

三晩を過ごした次の朝、電子音と共に電気が復活した時は本当に嬉しくて涙が出ちゃいました。よかったなぁ〜〜〜〜〜!


電気のありがたみをひしひしと感じています。電気の復旧作業がどうしても後回しになってしまう田舎に暮らして居る私達。そろそろ発電機を買わなくちゃいけないだろうなと話しています。


三日間、よく頑張ったーーー
のクリックしていってくださいな


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ



Halloween 2015

2015.11.06 *Fri*
なんだか忙しく毎日が過ぎていき、古い話になりつつあるハロウィーンの事を。写真メインでいきます〜。

Boo @ the Zoo


Boo @ the Zoo


毎年行っている、地元動物園のBoo @ the Zoo。動物園の中で行われる、トリックオアトリート(Trick or Treat)です。もう、3年目?4年目??最初は小さかったこの子たちも、全体で見たら大きい方になってきました。いつまで行きたがるかな〜?


Halloween Party


with BFF


クラスメイトのおばあちゃん宅で行われた、Halloween Party。ゲームしたり、遊具で遊んだり(すごい、遊具がたくさんあるんですよ!)、みんなでお菓子やご飯を食べて楽しんだそうです。いやーーー、ここのおばあちゃんすごいクリエイティブで、いろんな遊びやゲームなんかをしてましたよ。


Trunk or Treat


Trunk or Treat


バンパイア嬢と
雨が降りました。。。


近所で行われた催し、Trunk or Treat。協会主催のTrick or Treatです。近所の学校の駐車場にたくさんの車が集まり、そこを回ります。車はそれぞれ装飾されていて、とってもおもしろかったです。

田舎では、なかなか家にTrick or Treatに回れないので、こんな感じの過ごし方が多いみたいです。Kもそれぞれ仲の良い友達と回れたので大満足。


ハロウィーン当日は土曜日だったので、なんとか都合をつけて、都会に住む(笑)Aちゃんの住宅街に行く事ができました!

Spooky House 骸骨の家


本物のTrick or Treatはやはり面白いみたいです〜。こんな家もあるしね。


そして、バレエのクラスでもみんなが仮装してきて良い日がありました。

コステュームディ@バレエ


このくらいの歳になってくると「プリンセス」が減ってきます。Kは今年は牛!5年前に作ったのが着れましたよーーー!すごい。去年は市販のドレスでミニーマウスになったのだけれど、同じようなドレスの子が学校でもバレエでもいたんですよ。それが嫌だったみたいです。まさか着れないと思ったけど、この牛のドレスを着てみたら着れたので大喜び〜〜。良かったです。

来年の衣装のオーダーも頂いてしまいました(笑)。



たくさんもらったお菓子は、どうしましょうねぇ〜。
のクリックしていってくださいな


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ





使いやすそう

2015.09.24 *Thu*
こんなパッケージの物を買いました。

サワークリーム


これは、サワークリーム。日本ではあまり見かけなかったり、あっても結構お高かったりするけれど、アメリカでは普通に売っているサワークリーム。今までは下のようなパッケージでした。

従来のサワークリーム容器
Daisy Brandのページより拝借


この容器から出すときはスプーンなどで出します。でも、サワークリームはヨーグルトよりもかなり固い感じなので、うまくとることができなかったんですよ〜。いや、取ることはできるんだけれど、トルティーヤチップスや、タコスに付けたりするのが大変だったのでした。それが、このチューブになったらかなり簡単そうじゃない??ということで試してみようと買ってみました!

これをレジに持って行ったら、レジのおばちゃんが

「あら〜〜!!こんなパッケージ初めて見たわ〜〜!!!!便利そう!!!」

と盛り上がり。私も、「そう思って、試してみようと思ったんだよー」とか返事をして、なんだか井戸端会議。「こういう発想をする人が、お金儲けるのねー」なんて話をしておりました。喋ってないで、働けっちゅーの!!ほんと、アメリカの店員はこれだから。。。とは思わなくなった自分が怖い(笑)。

以前もこんなパッケージのケチャップを買った覚えがあるんだけれど、それは大して便利じゃなかった。。。でもこれは絶対便利だと思うんだよね!どうだろう???



さてどうでしょうか?
のクリックしていってくださいな


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ



農家的結婚式inアメリカ

2015.07.17 *Fri*
先月のことになりますが、農家の友達のお嬢さんの結婚式に出席させてもらいました。6月といえば”ジューンブライド/June bride”。日本では梅雨時でジメジメしているけど、うちの周りでは暑くなり始めという感じで、さっぱりしたお天気の日が多いのです。「June brideというのは、アメリカの物だなぁ〜」とよく思います。

。。。が、今年は我が家の周り、とっても雨が多くて。。。毎年4月は日本のように「1日雨」みたいな日も多いけど、5月にはどんどんそんな日が減っていって、6月は降っても夕立的なことが多いんですよね。でも今年は、6月になっても「1日雨」の日がとても多く、残念ながらこの日も雨でした。。。夕方の披露宴の前にはちょっとやんできたのが救いでしたけどね。

まずは、教会での挙式。私たち、アメリカ人の正式な結婚式に出席するのは初めてで、いろいろネットで勉強していきました(笑)。どこかで読んだり映画で見たことがある通り、式の出席者が教会の中に入るのも「入場」って感じで音楽が鳴る中入口から入ります。そして女性が席に座る時には、エスコートの男性がつきます。そのUsher(アッシャー)が新婦のお兄さんだったりで、とても安心しました :D

農家の娘と、森林学(っていうのかな?)を学んでいた新郎との結婚式なので、飾り付けもとてもカントリースタイル。そして、みんなの手作りです。

教会の中


式の最中は撮影できなかったので、帰り際に窓際の飾りだけ写真を撮りました〜。全てこんな感じで、バーラップ、レース、グリーンと茶色のリボンでデコレーションされてました。なんと、バージンロードはバーラップで縁にレースがついた物だったんですよ!!とっても可愛かった〜〜。

夕方からの式で、披露宴は夕食という感じ。披露宴の場所は、教会から少し行った公園のパビリオン(写真のような場所)でした。

披露宴会場・パビリオン


式が終わって披露宴会場に着いたら、すでにセッティングされておりました〜。

パビリオンのセッティング


とってもイイ雰囲気!!!

長くなるので、この後は「Read More」からどうぞー!



プロフィール

えま

Author:えま
アメリカ中西部に住む専業主婦。昔はなりたくないと思っていた専業主婦も、なってみると私に向いている事が発覚!いろんなものを作るのが楽しくて仕方がありません。

2014年に小さな農家を購入し、肉牛を育てています。

旦那、私(えま)、2008年生まれの娘(K)の三人暮らし

最近の記事・コメント

カテゴリ

トラックバック

--*--

カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Copyright © chocholon~専業主婦のアメリカ生活~ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材:ふわふわ。り )    
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
24
25
26
27
28
29
30