This Category : アメリカ学校生活

学校でWax Museum - 蝋人形館

2017.06.23 *Fri*
5月の年度末。学校が終わる前に書いていた記事をアップします〜。

毎年忙しい年度末。どうして毎年こんなに忙しいか考えてみたのです。一番の原因は、5月になると習い事の発表会が多くなること。娘のKはバレエしか習っていないけれど、お友達の発表会を週末に観に行くことも増えるのです。そうすると必然的に忙しくなります。そして第二には、学校の行事が増える!学習発表会的なものや、絵やなんかの展覧会などなど親が参加する機会もぐっと増えます。特に今年は、バレエが週3回になってから初めての学年末だったので、本当に気持ち的にもバタバタしていました。


そんなバタバタの中、なかなか面白い学校での催しがあったのでご紹介です〜。その名も"Wax Museum - ワックスミュージアム/蝋人形館"です。アメリカでは結構メジャーな催し物みたいです。子供それぞれが有名な人の蝋人形になります。ボタンを押すとしゃべり出し、その人がどうして有名かなどを簡単に紹介してくれるのです。

イヤーーー、これの準備を手伝うのもなかなか大変でした。。。調べたりまとめたりは自分でしていたけれど、コスチュームなんかは手伝わないわけにはいかないのでねぇ。。。

Kの学年全員でやったのですが、午後の早い時間は他の学年の子達が見に来たようです。そして、下校時間直前に家族が見に行くことができました。

体育館で行われたのですが、入り口はこんな感じ〜。

入り口


で、中に入ると。。。

全景


壁際に子供達が並んでいます〜。子供達は同じクラスの子と同じ人にならないように自分で人物をピックアップしたらしく、いろんな人物がいます。ファミコンを作った人(もちろん、日本人!)、フィギュアスケーター、マウンテンバイク選手などなど、自分が好きな人をいろいろ調べている子もたくさん!もちろん、ジョージ・ワシントン、リンカーンなど学校で習うような人物もたくさんいます。

Kの友達を発見!

エマ・ワトソン
エマ・ワトソン(Emma Watson)


フリーダ・カーロ
フリーダ・カーロ(Frida Kahlo)


いい感じです〜〜。Kはどこかと探すと。。。

Kを発見!


あ!いたーーー!!!

J・K・ローリング


そう!ハリーポッター/Harry Potterの作者J・K・ローリング(J.K. Rowling)になったのでした!とにかくコスチュームは「金髪のカツラだけが欲しい!」とお願いされ、買ってあげることにしました。その他のものは手持ちの服で、大人っぽくなるように。この「金髪のカツラをかぶる」というのがかなりのポイントだったらしく、本人張り切っておりました。しかも、先生や校長先生、他のお母さんがたにも受けてました

高校の下校時間が過ぎたら(校舎は繋がっていますが、下校時間は高校が一時間早い)、高校生たちも見に来てくれました〜。

高校生に囲まれる!


お兄さんお姉さんに囲まれても、きちんと説明をこなしたようです。こういう姿を見ると、本当に大きくなったなぁと思いますね。準備とかいろいろ大変だったけれど、とても楽しい催しでした!自分たちで考えて実行している姿が、みんな頼もしかったな。


学校行事も、なかなか楽しい!
のクリックしていってくださいな


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ


ミュージカル無事終了

2017.03.17 *Fri*
Kが出演したハイスクールミュージカル「王様と私」(The King and I)も無事終了しました〜。最後の一週間が、怒涛の一週間でした。。。

まず、毎日通し稽古そしてTech Rehearsal(テックリハーサル/日本語だとなんと言うのでしょうか。。。照明とか音楽とかを調整していくリハーサル)で、毎日放課後8時までの練習!しかもその間、出番がない間の子供達をチェックしているのはお母さんたちの仕事です。でも、出番のないお姉さんたちも一緒に遊んでくれるので、子供達にとっては毎日が天国(笑)。でも、お母さんたちは大変です。。。

で、髪型の練習。

髪型の練習


バレエのシニヨンよりも、かなり高めに結びます。私とKは週3回もバレエシニヨンを作ってるので、問題なし〜〜!!。。。と言いたいところでしたが。。。。Kは髪の毛を引っ張ることに敏感なんです。。。私は髪の毛を引っ張られてもあまり痛さを感じないのでよくわからないのですが、ちょっと引っ張られるだけですごい痛いらしい。なので、ムリムリと引っ張らなくてはいけないこの髪型では、散々泣きわめきました。。。でも、やるしかないので私もKも頑張りました!!ハァーーーー。

で、最後の週は夜まで子供達はリハーサルなので、学校で食べられるようにご飯やデザートをお母さんたちで分担して持ち寄ります。私は、デザート担当。アメリカ人が好きそうなもので、他の日と被らないものを。。。市販のものじゃなくて、手作りできるもの。小学生から大人までみんなが好きなもの。。。と考えてこれにしました!

差し入れドーナツ


Donuts Holes(ドーナッツホール)。日本語では、マンチキン??(アメリカ人にとっては、ドーナツは朝食っぽいので)これが好評だったかどうか。。。わかりません。。。というのも、これを届けた本番前日、Kは熱を出してお休みしたのです!!!!

その前の日から具合が悪そうだったので「休んだほうがいいんじゃない?」とKに言ったのですが、「行く!!!」と言い張る。もう小さい子じゃないので、言い張るものをやめさせるのは至難の技。しかもその週は旦那が出張中で不在で、私とKの二人きり。最近私に対してとても反抗的なので、言うことなんて聞きません。で、リハーサル後迎えに行ったら発熱していたのでした。。。普段はなるべく言わないようにしている言葉「だから、言ったでしょ!!!」を一回だけ使いました。だって、まさに!なんですもの。

それまでもずっと言っていたのです。セリフのある役をもらっていたので「セリフを覚えるだけなら誰でもできる。Kじゃなきゃできないようにやらないと意味がない」という事と、本番に向けて体調を整えていくのもステージに出る人は大切、という事を。。。それでそのザマ、言いたくもなります。

本番前日、最後の通し稽古の前に出演者の写真撮影があったりしたので(その写真は、ずっと校内に飾られます)、親としては行かせてあげたかったのですが。。。Kが判断しました「写真よりも本番が大切だから、私は寝る」と。本人、かなり反省してたんですね。熱を出した時はいつも「寝れない」とかうだうだ言っているKですが、今回は「寝れなくても、寝るんだ」という感じで「治そう!」という気合を感じました。

。。。で、前日の夜には熱が下がり始めたのです〜!「気合いで治す」っていうのは、本当にできることなのかもしれないですね。。。

本番当日の金曜日。朝には熱が下がっていたけれど、学校はお休みさせました。午後の授業を潰して、ちょっとだけ小学校の全校生徒に見せるということだったので、そこから学校に連れて行きました。もう、お友達もお母さんたちも「K!良くなったのね〜〜〜!!」と迎えてくれました。心配してくれてたんですね。そして何より、ディレクターの先生の、ホッとした顔と言ったら!!(前日から連絡は取り合ってましたが)本当に良かったです。全三回の公演、頑張りました!

無事できた!
初日終了後、ベストフレンドと

クリスマスのコンサートの時も一緒に写真を撮ったクラスメイトと。なかなか素敵な衣装で、これを着るだけでいい感じです(笑)。

先生役のお姉さんと
アンナ(先生)役のお姉さんと

この主役の子はシニア(高校三年生)なのだけれど、歌がうまい!声がいい!!とてもレベルが高かったです。しかもとても優しい子で、リハーサルの合間にいつもK達小学生と遊んでいてくれたのです。だからKもこのお姉さんが大好き。最後のステージの時には「ミュージカルも終わりだけど、この子達とも遊べなくなっちゃうのは寂しい。。。」と涙してくれたくらい。一緒にステージができてよかったね、K!

セリフを言う
「帰らないで」という手紙を読むシーン

サイアム王の第一夫人の娘役だったK。最後に手紙を暗記して読むというシーンがありました。Kが前日熱を出した時は、「もし本番もKが来られなかったら、誰がこのセリフを言うか」という話をしていたらしいです。お話の流れとしておかしくてはいけないし、セリフを覚えられる子じゃないといけない。。。はぁ、本当に熱が下がって良かったわ。。。

本当にとてもいい経験をさせてもらったと思います。いろーーーんな大切なことを、いろんな形で教わったのではないかな?と思っています。同じ学校、違う学校のお友達、先生方もたくさん見に来てくれていて、それもとっても嬉しかったようです。やっぱり「見てもらってナンボ」ですからね〜。

大きくなったね

一人でシアターに入っていくK(車の窓越しに撮りました)。昔はどこに行くのもついてかなくてはダメだったのに、今ではどんどん一人でこなしていきます。ちょっと寂しいけれど、お姉さんになったなぁと実感できて嬉しいです。


そして私もいろんな経験ができました。リハーサルの付き添いやご飯の提供など、すべてはお母さんたちのボランティアです。しかも強制ではなく、「できる人がやる」というシステム。そんな中でいろんなお母さんと話したりする事ができて、良かったです。今まで挨拶するだけだったお母さんと色々話したり、みんなと雑談する中で「アメリカの田舎ならでは」の感じの事もたくさん知りました。こんなチャンスなかなか無いので、私もとても楽しかったです!

しかもディレクターの先生は、キャストパーティー(出演した子達が、本番後にみんなで集まるパーティー)までやってくださいました。
cast partyにて

そこで、下の冊子を用意してくれて、みんなでデコレーションしたりサインをしあったりしたらしいです。良いですね〜。色んな実行力のある、とても良い先生でした。

ずっとバレエを続けていくとしたらもうできない経験だけれど、自分は「ステージに立つことが好き」と実感したようです。練習した事を見せることで、観客のみんなが楽しんでいると感じられることが好きなんだそう。よかった、良かった。


お疲れさまーーー
のクリックしていってくださいな


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ


ハリーポッターで Happy Valentine's Day!

2017.02.13 *Mon*
バレンタインデーですね〜、いかがお過ごしでしょうか?日本の小学校では、私たちが小さかった時よりもどんどん「チョコレート合戦」が過熱してるみたいですね 友チョコをたくさん配ったり、本命チョコに気合を入れたり。もらえなかった男の子が、肩を落として帰ってきたり。。。うーーーん、大変そうです。。。

ご存知の方も多いと思いますが、アメリカではバレンタインデーは「女子から男子への告白の日」ではありません。「大切な人に好きという気持ちを伝える日」で、子供達はクラスの中でみんなにカードを渡したりします。そう「全員に!」です(笑)。大人は、だいたい男性から女性にプレゼントを渡すのが一般的。チョコレートやバラの花なんかが一般的ですね〜。

小学生はだいたい学校でバレンタインパーティーというのがあり、その時にみんなにカード(小さいおもちゃや、お菓子のことも)を渡します。自分で「バレンタインボックス」なる郵便受けのような箱を作っていき、その中にみんなが自分宛のカードなんかを入れてくれるらしいです。学校で作る時もあれば、自宅で作っていく時もあります。Kは今年は自宅で作っていきました〜。こんなの。

バレンタインボックス
上に並べてあるのはカード


そう!ハリーポッターです〜。Kは今ハリーポッターにはまっており、クリスマスプレゼントで「全巻セット」を買ってあげました。現在5巻目「Harry Potter and the Order of the Phoenix/ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」を読んでおります。もう、私はそんな長くて難しい英語の本を読めないっす。。。で、今回、ハリーポッターのバレンタインボックスにしたい!!となったわけです。

で、もちろんカードもハリーポッターで。


写真は
こちらのサイトより


カードは、フリーのダウンロードでPieces byPollyというサイトからいただきました。いろんなアイディアがあって面白い!!Kの学校は数年前から「健康的なスナックじゃないとダメ」という決まりが(一応)できたので、チョコレートやキャンディは持っていけません。普通だったらこのカードにチョコとかを付けるところだけれど、Kの場合はカードだけにしました。

裏はこんな感じ。

ハリーポッター バレンタインのカード


クラスの子の名前のリストを前もってもらえるので、名前を全部書いて持って行きます。

バレンタインパーティーは「バレンタイン当日」というわけでもなく、その年によって日にちが変わります(だいたい、全校一斉)。今年はもう終わってしまったのですが、とても楽しいパーティーだったようです。楽しいゲームやクラフトをを用意してくれたクラスのお母さんに感謝!!私も旦那からチョコレートをもらえる予定なので(笑)、楽しみです


さて、ハリーポッター。。。Kは私に「オカンも、本を読むべき!!面白いから!!!」と言われ続けております。イヤーーー、本を読む時間があるんだったら、英語の本じゃなくて、自分の好きな本を日本語で読みたいデスゥ。。。と思っていたら、「映画が見たい!」という話になりました。それだったら、本を読むより楽かな〜と思って、図書館で借りて週末一緒に見ました。

うん!面白かった!!!!とてもよくできたお話と、映像。楽しめました。
。。。。が、英語、難しい。。。もともとイギリス英語はよく聞き取れないし、名前や呪文の英語が分かりづらすぎて、だんだん何を言っているのかわからなくなっていきます。。。話の1/3以上はわかってないと思います。でもKには、わかるそうです。すごいなぁ〜〜〜。まぁ、わからなかったところは最後にKに質問して教えてもらいました。次の「Harry Potter and the Chamber of Secrets/ハリーポッターと秘密の部屋」も次に借りる予定です。さてさて、このハリーポッター熱はいつまで続きますかね。


Happy Valentine's Day!
のクリックしていってくださいな


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

ミュージカルに出演予定

2017.02.03 *Fri*
Kがミュージカルに出ることになりました!!。。。といっても、同じ学区の高校のミュージカルです〜〜。

ミュージカル リハーサル
リハーサル中


アメリカの高校では、シアター部みたいなのがあるところが多く、ミュージカルや劇をやったりします。私は見に行ったことはないんだけれど、友達によるとかなり本格的らしい。で、今年Kの学区の高校で「王様と私(The King and I)」をすることになったのです。見たことある方はご存知だと思うけれど、昔のタイにイギリスから先生が招かれるというお話。王様の何人もの子供たちが登場します。その子供役に選ばれたのです。

小学校の音楽の先生から、クラスで数人に声がかかりオーディションを受ける事に。オーディションの時は親は外に出され「本格的じゃん!」とちょっと思いましたが、アメリカではありがちな「全員合格」。そうだと思ってましたーーー(笑)。まぁ、でも、そのオーディションを受けるのに選ばれたので、そこはすごいと思います。

でも、問題が!!オーディションを受けるまでは「2月になるまでは、週に一回の練習」と書かれていたのに、渡されたスケジュールは週に二回。しかも、1月末から週に三回に!!週に一回ならバレエとうまく折り合いをつけられるだろうと思っていたのに、これではすごい回数休まなくてはいけなくなります。しかも2月半ばからは全く行けません。実は3月末にABT(アメリカンバレエシアター)のレベルチェックテストを受ける予定だったのです。うーーーーーん、ちょっとミュージカルに時間を取られすぎかも。。。と考えました。

そうKに話しました。

「ABTのテストを受けられないかもしれないこと」
「もしかしたら、夏にはトゥシューズのお許しが出ないかもしれないこと」
「他のクラスメイトと一緒に次のレベルに上がれないかもしれないこと」

それでも良いから、やってみたい!!!というのでやらせることにしました。バレエのテストは先生とも話し、受けさせないことに。そんなに休んでしまっては「受けても受からないだろう」という事でした。当然ですよね。バレエは日々のレッスンがとても大切と聞きます。毎日地道に体に叩き込まないと、できていたものもすぐできなくなるといいます。今回は仕方がないですね。。。

本当は私はKにはバレエを選んで欲しかったのですが、仕方がないです。最終的にはKが決めなくてはいけないことですからね。。。気持ち的にはすんごいがっかりなんですけど、頭で考えるとミュージカルをやるといいだろうという理由もあります。

・ミュージカルがバレエと同じパフォーミングアートであるということ
Kはバレエでもステージに出て観てもらうのが大好き。そのために練習を重ねるのも好きです。でも、今年から移ったバレエスタジオは、年に一回の発表会しかありません。テクニックを磨く上では当然だけれど、やっぱりステージに立ちたい気持ちもわかる。。。バレエの発表会は同じくらいの歳の子達とだけ踊るけど、このミュージカルは高校生から幼稚園生まで幅広い年齢層で作り上げる。そこから得るものもかなりあると思う。

・最近、歌がとても好き
この記事に書いてある、「お友達のお父さんがピアニストをしている教会での、クリスマスコンサート」。この時にいた教会のセミプロ歌手のおじさんに、Kは褒めてもらったのです。「いい声だねー、よく聞こえたよ。歌い続けるんだよ!」と。とても嬉しかったらしく、そこから車の中とかでも気分良く歌っています。「お腹から声を出す」方法を教えてあげたら、なかなか上手に声を出せるようになってきたのです。これは、舞台で歌う経験もさせてあげたいなーと。

・アジア人であることが、有利に働く経験をさせてあげたい
ビックリされるかもしれませんが、Kの小学校ではKが唯一のアジア人。アメリカの田舎は、有色人種はほとんどいません。「王様と私」はタイのお話なので、実はKが一番ハマリ役(というか、本物っぽい?)と思います。自分の見た目が有利に働く、という経験をさせてあげたいなと思ったのです。バレエでは、やっぱりアジア人は見た目で不利です。髪の毛が黒ければ、やっぱり重たく見えるので、「いかに軽く見せるか」というバレエの世界では、不利。手足の長さだって、そうです。差別ではなく、もうそれは「見せる」という事においてはどうしようもない事実。でも、その事実がいい方向に働く時ももちろんあるんだということを、身をもって知って欲しいなーと思ったのです。

という感じです。ハァーーーー、本当はがっかりなんですけどね。。。でも、やっぱり「自分で決めた」という事が大切なのかな、と。今まで「学校の課外クラブのサッカーをやりたい」とか言ったりしたこともあったんですけど、「バレエを辞めたらいいよ」という断り方もしてきているのです。それに比べ、ミュージカルはバレエに活かせるような経験にもなると思うので、いいかな。。。と。

リハーサルが始まって約一ヶ月になりますが、とても楽しいらしいです。「学校で一番楽しいのは、ミュージカルの練習!」と言っているくらいです。まぁ、良かったですかね。今、クラスで一番仲の良いお友達も一緒なので、余計楽しいんだと思います。

家で自主練


洋服掛けを改造して、なんちゃってバレエバーを作りました。これで時間のある時は、ちょっとバーレッスンを。全く何もしないよりはマシでしょう。

私はといえば、週三回行っていたバレエの送迎が減り、自分の時間が増えています。

クラフトする時間もあり


久々に、インターネットで出している手作り小物の店に、新作を置く準備ができたりして。ちょっと寂しいけど、あと一ヶ月くらいの余裕がある時間。私も楽しんでおこうと思います。

Kはセリフのある役をもらったらしく、張り切っています。私も、見るのが楽しみです!


楽しんで〜〜〜
のクリックしていってくださいな


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ


クリスマスコンサート

2016.12.21 *Wed*
少し前にサンクスギビングの記事を書き始めてたんですけど、もうクリスマスですね。。。Kの学校ももうすぐ終わり。バレエはもう年内のレッスンは終わっていて、少しゆっくりしています。でも、いろいろ買い物が終わってなくて。。。悩ましいぃ。

そんな中、Kの学校でクリスマスコンサートがありました。Kの小学校では、各学年がいろんな時期にコンサート(歌の発表会)をやります。一年生と三年生は毎年合同で、クリスマスコンサートをするんです。本当は先週の予定だったコンサート。先週は寒波で2度(摂氏-16度)くらいまで下がったり大雪も降ったりして、学校がお休みになったり二時間遅れでスタートしたりと散々で、延期になったのでした。冬休みになる前に、滑り込みで開催されました!

最初は三年生が客席、一年生が壇上で合同で歌い、その後一年生だけで数曲歌います。まだまだ小さくて可愛いぃ〜〜。その後、三年生と入れ替え。比べてみると、三年生は随分とお姉さん&お兄さんに見えます。本当に成長してますね。

クリスマスコンサート


同じ敷地内にある高校のシアターで行われます。かなり大きい場所なんだけれど、満員でした!立ち見も出るくらい!!この辺りはおじいちゃんおばあちゃんも近所に住んでいるので、おじいちゃんおばあちゃん、兄弟からいとこから、みーーーーんなで見に来てるんですよ!観客の多さに驚きでした。

Kは前に出て話す役ももらっていたのですが、それも無事終了。ずーーーっと練習していた難しめの歌も、みんなで上手に歌えておりました。

とても良かったなーと思った事は、支援学級にいる子も一緒に歌えていた事。前回のコンサートでは、舞台で泣き始めてしまい、支援の先生に舞台から降ろしてもらっていたんです。でも、今回は一緒に歌っていました。。。とは言っても、音程は外れているし(たまにあっている)、声は叫んでいるように大きい。それに気がついた時、会場は一瞬ざわつきましたが、曲の後は大きな拍手でした。

先生が曲の合間に一言。「快く思う人もいるし、快く思わない人もいるかもしれません。でも、これが今日のパフォーマンスです。サポートをありがとうございます。」と。。。他の生徒たちも、その子の歌声を気にしていない様子で、先生のお話がきちんとあったんだろうなーという感じでした。音楽はみんなのものなんだなーーーと強く感じたし、こんな先生に教えてもらっている生徒たちは幸せだなぁと思ったのでした。

コンサートが終わったら、女子たちは(笑)ここぞとばかりに記念撮影大会!こんな綺麗な格好で友達に会うことはなかなか無いですからねぇ〜〜。私もKに言われて、友達を探してうろちょろとしました〜。

友達と


この笑顔!こんな風に、友達と仲良くしている様子を見られるのも、とても良かったです。

もう、クリスマスまで秒読みです!!みなさん、良いクリスマスを〜〜〜!


サンタさんくるかな?
のクリックしていってくださいな


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ




プロフィール

えま

Author:えま
アメリカ中西部に住む専業主婦。昔はなりたくないと思っていた専業主婦も、なってみると私に向いている事が発覚!いろんなものを作るのが楽しくて仕方がありません。

2014年に小さな農家を購入し、肉牛を育てています。

旦那、私(えま)、2008年生まれの娘(K)の三人暮らし

最近の記事・コメント

カテゴリ

トラックバック

--*--

カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Copyright © chocholon~専業主婦のアメリカ生活~ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材:ふわふわ。り )    
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
24
25
26
27
28
29
30