バレエとは、にちょっと近づく

2017.02.28 *Tue*
もう二月も終わりですね〜〜。今年、我が家の周りは冬があまり厳しくならないうちに、春になってしまいそうです。急に豪雪とかにならなければ良いんですけど。。。

Kの出演するミュージカルももう直ぐ本番。リハーサル時間も長くなってきています。私もバレエの送迎をしなくて良いので、自分の時間がゆっくり持てています。でもそれももう直ぐ終わり〜〜。嬉しいような、寂しいような。。。

ゆったり時間を利用していろいろしていますが、バレエに関する本を読んだり、DVDや動画を見たりしています。楽しいですね〜〜。日本からいろんな本を送ってもらっています。

バレエ エッセイ


まずは昨年発売された、吉田都さんのバレリーナ 踊り続ける理由と、世界で活躍する日本人バレリーナ10人が紹介されているLove Ballerina ラブ・バレリーナ。二冊ともあっという間に読んでしまいました。ラブ・バレリーナの方は現在世界で活躍しているバレリーナ達、しかもたまにこのブログに遊びに来てくださる方のご親戚も載っているという事もあって、(勝手に)身近に感じながら読ませてもらいました。

バレエ漫画


こちらはK用に送ってもらった漫画二冊。「瀕死の白鳥 The dying swan」で有名なロシアのバレリーナアンナ・パブロワの伝記と、ヨーロッパで活躍後現在は日本で活躍されている、中村祥子さんを描いたバレリーナSHOKO。これを私も読みました〜。

どの方の話を読んでも、バレエというものは地道に毎日努力をしていかなくてはいけないものなんだなーという事がわかります。「誰かよりも上手く」なるというよりも「自分自身がより良くなる」という考え方なのだなぁと。。。スポーツではないのでそう言われれば当たり前なのですが、そうは言っても周りの人より上手くなりたいと思うのも事実。でもその辺りを自分でコントロールして練習していく精神力をどの方のお話からも感じました。すごいなぁ〜と思います。Kも何かを感じでくれたかな??

そして今回、とても勉強になったのがこの本です。

バレエと解剖学


やさしいダンスの解剖学

元プロバレリーナの友達から借りた、昔の本です。実際どのような筋肉や筋を動かしてどのような動きをするか、起こりがちな身体のトラブルやその理由なんかが書いてある本です(わからないバレエ用語は、バレエ用語集で調べながら読んでます)。もちろんそれ自体、親としても知っているととても良いと思います。でもそれより何より良かったことは、この本を読んで「バレエとは何か」という事を考えられたことです。もちろんバレエ自体スポーツではなく芸術(Performing Art)だということは理解していたつもりでした。でもそれが意味することを理解していなかったことに気がついたのです。

異論があるかもしれませんが、この本を読んで私が感じたのは。。。

バレエは、自分の体が美しく軽やかに見えるように、鍛錬の中で自分の体を作り上げていく事。

なのだなぁ〜という事です。一つ一つのバーレッスンにもどこの筋肉を鍛える、どこの筋を伸ばす、という目的があって正しくやらなくては意味がない。そして、継続的にやらないと筋肉はすぐに動きを忘れてしまう。美しい体、美しい動きを目指して、自分の体を作り上げていくのがバレエなのだな、と。

なんとなく「何回転できるか」「どこまで足が上がるか」という事に目が行きがちなのですが、そうではなく最終的に「正しく、美しく」なくてはいけないのだなぁ〜と。なんとなくスポーツのように「○秒で走れたから、次はもう1秒早く!」とか「クロールが出来るようになったから、次は平泳ぎ!」とかそういうのと同じようなイメージだったのですが、そもそも目標が違うんですね。ちょっと目からウロコでした。
まーもちろん、大人になれば何回転できる足がどこまで上がるっていうもの大事だとは思いますが。。。

それを元プロバレリーナの友達に話したら、「そうだよ〜」と軽く(笑)返されました。「大人になっても、子供と同じようにプリエからレッスンが始まるからね」と。そうか〜〜、一生これが続くのね〜〜

バレエママ達は「自分の娘(息子)が、若いうちからどれだけすごいパ(動き)ができるか」に目がいっちゃいがちですが、もっともっと大切な事を知らないといけないんだなぁ〜と思いました。読んで良かったな。

いろいろDVDなんかも見てますが、その辺はまた今度〜。

新しい発見は、楽しい!
のクリックしていってくださいな


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ


COMMENT

バレエ解剖学、好いですネ
こんにちは。
バレエに解剖学は大事です~そのお陰で70歳代でもトウシューズで踊れると感謝してます。
一時は正しくない筋肉の使い方で重大な怪我や故障も経験して、解剖学のある教室に変えました。
動物も人も生まれてすぐ、観てその本質から学び取る本能を備えていますから、その時期に正しい教師を手本にして正しい基礎を体内に持つことは素晴らしい。大人になれば意識して学ばなければ出来ません。
途中で学んで修正するのは困難と苦痛が大きいですから、K様はお母様が良い環境づくりをされて~♪。
愉しみつつ頑張ってください!
by ROMI #-
2017/03/02(木) 04:25 [Edit
見た目からは、想像できませんが。
>ROMIさん

やっぱり、大事なんですね〜〜。軽やかに踊っている見た目からは、「解剖学」を想像しながら踊ってるなんて、想像できませんが。。。

Kの先生もABTやロシアで先生の勉強をしている事で、解剖学をきちんと勉強されています。バレエに向いてない体の子も、体を壊さないようにレッスンしているようです。なので、Kの年齢では各自5番の足のポジションが違ったりします。股関節からターンアウトする事が大切で、膝や足首を捻って5番にしても意味がないと言われるらしいです。「あなたの5番はここ」と言われるらしいですv-398とても、安心します。

先生は「バレエの国ロシア」からアメリカに来て、アメリカのレッスンを見て衝撃を受け「何がいけないのだろう?」と考えたらしいです。ロシアでは、「体の向いていない子」は、どんどん落とされていくシステムらしいので。。。とても熱心な、熱い(笑)先生です!

> 愉しみつつ頑張ってください!

ありがとうございます!「愉しみつつ」が大切ですよね〜〜。今は、本当にいろんな新しいことに出会って、愉しいです。
by えま #-
2017/03/04(土) 19:55 [Edit
おはようございます。
【やさしいダンスの解剖学」取り寄せて読んでみました。脳からの意識・イメージの筋肉への伝達経路の事が詳しく実例を並べて説明されていて~【インサイド バレエ テクニック」などよりもその点が素晴らしかったです。 とても参考になりました=ありがとう。
by ROMI #-
2017/03/05(日) 21:10 [Edit
>ROMIさん

取り寄せて、読んでいただいたとは!!
いえいえ、私は何も。。。貸してくれた友人に伝えておきますね。

実際にバレエをする方が読むとまた感じ方が深いですね。確かに「こう動かそうとすると、こうなりがち」みたいな注意点が書いてありました。私は「注意したところで、動かない」体に育ってしまってるので(笑)、ROMIさんのようには感じなかったです。。。

でも、やっぱりROMIさんのお話を聞いて、Kに読ませようかなと思い始めました。Kは私が読んでいる時から読みたがっているのですが、まだ小3なので漢字が難しいのです。。。でも、英語の本を取り寄せて読ませてみようかなーと思いました。こちらこそ、ありがとうございます!
by えま #-
2017/03/06(月) 16:37 [Edit
ご無沙汰してます!
エマさん、ブログ本当に久しぶりにお邪魔しました。:)エマさんののんびり田舎暮らしや子育ての軸がぶれてない感じが相変わらず好きです。最近は我が家はすっかりNのホッケー三昧。ホッケーママになってますが、エマさんはバレエママさんなのね。FBでもよろしく。なかなか会えないねー。
by mari@cbus #xTXwRi8k
2017/03/15(水) 19:00 [Edit
Re: ご無沙汰してます!
>mariさん

わー!こちらではお久しぶり!ありがとう〜、なんだかちょっと照れちゃうわ。

Nくん頑張ってるよね!そうそう、私はバレエママだよ :)! でもやっぱり子供が何かに打ち込むためには、家族のサポートが必要だと思う。でも、過干渉になりすぎないように気をつけなきゃとも思ってて、バランスが難しい。。。

いや、じきに会えるでしょー!今年の夏を狙っています!!
by えま #-
2017/03/17(金) 10:37 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

えま

Author:えま
アメリカ中西部に住む専業主婦。昔はなりたくないと思っていた専業主婦も、なってみると私に向いている事が発覚!いろんなものを作るのが楽しくて仕方がありません。

2014年に小さな農家を購入し、肉牛を育てています。

旦那、私(えま)、2008年生まれの娘(K)の三人暮らし

最近の記事・コメント

カテゴリ

トラックバック

--*--

カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Copyright © chocholon~専業主婦のアメリカ生活~ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材:ふわふわ。り )    
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
24
25
26
27
28
29
30